ウィリアム・C・デュラントの名言・格言7選|心に響く言葉

ウィリアム・C・デュラントのプロフィール

ウィリアム・C・デュラント
・1861年12月8日 – 1947年3月18日、アメリカ マサチューセッツ州 ボストン出身
・アメリカ合衆国の企業家で米国自動車産業界の先駆者。馬車製造販売事業でミリオネアとなり、自動車産業創成期にゼネラルモーターズ(GM)を創業した人物
・ウォール街(株式市場)では相場師としても名をはせた

Wikipedia

ウィリアム・C・デュラントの名言・格言 7選

(1) (GM販売の哲学)
セールスとは売りつけることではなく買う気にさせること

~ウィリアム・C・デュラント~

(2) 若き日の恋なんてな、老いたる男が老妻に抱く愛に比べたらまるで軽薄だ

~ウィリアム・C・デュラント~

(3) 金とはなにか?
それは一時的に人間に貸しだされただけのものだ。


生まれてくるときにはまったく持っていないし死ぬときも持っていけない

~ウィリアム・C・デュラント~

(4) 多少の手違いなんか忘れろ。
失敗も忘れろ。


自分がいま、これからしようとしていること以外は全部忘れてやろうじゃないか

~ウィリアム・C・デュラント~

(5) ビル建設よりも工場や日々の事業に資金をまわすべき

~ウィリアム・C・デュラント~

(6) (GMへ返り咲いた時の発言)
Gentlemen, I control ー 諸君、私がこの会社を統率する

~ウィリアム・C・デュラント~

(7) (GMへの復帰の戦略)
株主に魅力的な利益を生み出す会社をすばやく立ち上げることでGMに復帰する

~ウィリアム・C・デュラント~