安室奈美恵の名言・格言20選|心に響く言葉

安室奈美恵のプロフィール

安室奈美恵(あむろ なみえ)
・1977年9月20日生まれ,沖縄県那覇市出身。
・日本の元歌手、元ダンサー。
・1990年代に数多くのヒット曲を生み出し、アムラー等の社会現象を引き起こし、平成を代表する歌姫としての地位を築いた。
・2018年9月16日をもって引退した。
Wikipedia

安室奈美恵の名言・格言 20選

(1) やりきったっていうのはあります。

~安室奈美恵~

(2) いろんなプレッシャーもあった。

~安室奈美恵~

(3) 頑張って本当によかった。

~安室奈美恵~

(4) 笑顔で終わりたいなって。

~安室奈美恵~

(5) 私がステージに戻ってくることはありません。

~安室奈美恵~

(6) いち音楽ファンとして、みなさんの素晴らしい毎日の中に、素晴らしい音楽が常に溢れているように心からそう願っています。これからも素敵な音楽に、たくさん、たくさん、ぜひ出会ってください。25年間、ありがとうございました。最後は!笑顔で!みんな元気でねー!バイバーーイッ!!」。

~安室奈美恵~

(7) 9月16日以降、私がこうしてステージに立つことはありません。だからこそ、この25年間が私の中で、とてもとても、大切な思い出になりました。こんな私に素敵な25年間の思い出を作ってくださったファンのみなさん、そして、サポートしてくださった全ての皆様に心から感謝しています。ありがとうございました。

~安室奈美恵~

(8) シンプルに生きたい。

~安室奈美恵~

(9) 始まりがあれば絶対に終わりがある。

~安室奈美恵~

(10) どの時間も決して無駄ではなかった。

~安室奈美恵~

(11) 歌が私より上手な歌手の方はいる、ダンスが私より上手な人もいる、だけど歌とダンスなら私は誰にも負けない。

~安室奈美恵~

(12) 1%の才能と99%の継続、努力し続けることで今の自分がある。

~安室奈美恵~

(13) 私も、仕事柄、自分の事を書かれるのは仕方ないと思うし、自分自身の事であれば何を書かれても構わない。でも、大切な家族や自分の生き方を”安室奈美恵”の犠牲になんてさせない。

~安室奈美恵~

(14) 心がポキッと折れました。次のステージに立つのも怖くなった。でも、家に帰ると、今まで変わらず母親としての仕事が待っていた。それが唯一の救いでした。それをやっているうちに、また頑張ろうって思えるようになった。

~安室奈美恵~

(15) 誰にでも可能性はある。私も最初はゼロだった。

~安室奈美恵~

(16) 好きな色…何色にも染まらない黒。何色にも染まれる白。

~安室奈美恵~

(17) 地道な小さな積み重ねが、大きな結果として返って来る。

~安室奈美恵~

(18) 誰にでも時間は平等だし、過去は変えられないけど、今や未来は自分しだい。

~安室奈美恵~

(19) 何かを始めるのに遅いってことはない。

~安室奈美恵~

(20) メディアに媚を売って人気を回復することは絶対したくない。1から這い上がってみせる。

~安室奈美恵~