ジョニー デップの名言・格言20選|心に響く言葉

ジョニー デップのプロフィール

ジョニー デップ
・1963年6月9日生まれ,アメリカ合衆国ケンタッキー州出身。
・アメリカ合衆国の俳優、ミュージシャン。
Wikipedia

ジョニー デップの名言・格言 20選

(1) One of the most beautiful things in the world is seeing a mommy with her kids. There’s nothing more beautiful, nothing more sublime.


世界で一番美しい事は、子供と一緒にいる母親を見る事だ。それ以上に美しい事は無いし、それ以上に崇高な事も無い。

~ジョニー デップ~

(2) I never wanted to be the guy people looked at. I don’t think of myself as being a celebrity; it’s too mortifying.


周りに注目されるような男になりたいと思った事は無い。自分自身がセレブなんて思っても無いよ。そんなの屈辱的なだけだ。

~ジョニー デップ~

(3) I’m not sure I’m adult yet.


自分が大人かどうかまだ確かじゃない。

~ジョニー デップ~

(4) There’s no truth anymore.


もう真実なんてない。

~ジョニー デップ~

(5) There’s a drive in me that won’t allow me to do certain things that are easy.


自分の中に、簡単なことをさせないという衝動があるんだ。

~ジョニー デップ~

(6) I don’t pretend to be captain weird. I just do wha


変わり者になんてなろうと思ってない。ただ僕は自分のやることをやってるだけ。

~ジョニー デップ~

(7) I think everybody’s nuts.


みんな頭がおかしいと思うよ。

~ジョニー デップ~

(8) I like the challenge of trying different things and wondering whether it’s going to work or whether I’m going to fall flat on my face.


いろんな事に挑戦するのは大好きだよ。やってみて、上手く行くのか、失敗して顔面から落ちるのか、考えるのが好きなんだ。

~ジョニー デップ~

(9) I always felt like I was meant to have been born in another era, another time.


私はいつも、自分は違う時代、違う時に生まれるべきだったのではないかと感じていました。

~ジョニー デップ~

(10) I think everybody’s weird. We should all celebrate our individuality and not be embarrassed or ashamed of it.


みんな変だと思うよ。自分自身のの個性をほめるべきだし、自分で恥ずかしがったり恥じるべきじゃないよ。

~ジョニー デップ~

(11) We’re all damaged in our own way. Nobody’s perfect. I think we’re all somewhat screwy. Every single one of us.


誰でも人生で傷つくものだよ。完璧な人間なんでいない。人は、皆一人残らず、多少はしくじったりするものだよ。

~ジョニー デップ~

(12) I think the thing to do is enjoy the ride while you’re on it.


やるべき事は、今やってる事を楽しむことだ。

~ジョニー デップ~

(13) if you love two people at the same time, choose the second. Because if you really loved the first one, you wouldn’t have fallen for the second.


もし同時に二人を好きになったら二人目を選ぶんだ、なぜかというと本当に一人目を愛しているなら、二番目の人を好きになるはずがないから。

~ジョニー デップ~

(14) My daughter was asked by a little old lady in a London hotel restaurant what her daddy did. She answered, “He’s a pirate” – I was very proud of that answer.


娘がロンドンのホテルのレストランで小さなお婆さんに「お父さんは何の仕事をしてるの」って聞かれたんだ。彼女は「彼は海賊なの」って答えたんだ。僕はその答えを大変誇りに思ったもんだよ。

~ジョニー デップ~

(15) My body is my journal, and my tattoos are my story.


身体が日記みたいなものなんだ。タトゥーは僕のストーリーだよ。

~ジョニー デップ~

(16) I see this amazing, beautiful, pure angel-thing wake up in the morning, and nothing can touch that. She is the only reason to wake up in the morning, the only reason to take a breath.


この美しくて純粋なエンジェルが目覚めるのを見ることに勝ることはない。彼女は私が朝起きる唯一の理由であり、呼吸する唯一の理由だ。

~ジョニー デップ~

(17) I like the challenge of trying different things and wondering whether it’s going to work or whether I’m going to fall flat on my face


違ったことにチャレンジするのと、うまく行くか?失敗するか?、なんて思うのが好きなんだ。

~ジョニー デップ~

(18) I guess I’m attracted to these off beat roles because my life has been a bit abnormal. The only thing I have a problem with is being labeled.


僕は変わった役に凄く興味が有るんだ。それは僕自身の人生が普通とはちょっと違うから。一番嫌いなのはレッテルを貼られる事さ。

~ジョニー デップ~

(19) If someone were to harm my family or a friend or somebody I love, I would eat them. I might end up in jail for 500 years, but I would eat them.


誰かが僕の愛する家族や友人や誰かを傷つけるなら、そいつを食べるだろう。たとえ刑務所に500年入れられたとしてもね。

~ジョニー デップ~

(20) People say I make strange choices, but they’re not strange for me.


人は(僕の事を)変わった選択をすると言いますが、僕は変わってると思いません。

~ジョニー デップ~