オードリー・ヘップバーンの名言30選|心に響く言葉

目次

オードリー・ヘップバーンのプロフィール

オードリー・ヘップバーン
・1929年5月4日に生まれ,1993年1月20日に亡くなる。
・イギリス人で、アメリカ合衆国で活動した女優。
・ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。
・アメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI) の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインしており、インターナショナル・ベスト・ドレッサーにも殿堂入りしている。
Wikipedia

オードリー・ヘップバーンの名言 30選

(1) どんな強い人間にも弱いところがある。その弱いところが垣間見れた時、その人はより魅力的に見える。

~オードリー・ヘップバーン~

(2) 何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること。それだけです。

~オードリー・ヘップバーン~

(3) 私が信じてること ー ピンク。笑いは最高のダイエット。キスをすること。たくさんキスをすること。ハッピーな女性が一番美しいということ。すべてが上手くいかないときこそ、強くなれるチャンスだということ。明日は新しい一日の始まりだということ。そして、奇跡は起こるということ。

~オードリー・ヘップバーン~

(4) どんな人でも、不安がキレイに消えるということはないと思うの。成功すればするほど、自信は揺らぐものだと思うこともある。考えてみれば恐ろしいことね。

~オードリー・ヘップバーン~

(5) わたしの人生は、おとぎ話以上のものでした。人並みに苦労もしましたが、どんなにつらい出来事に見舞われたときも、それを乗り越えたところには、かならずご褒美が待っていましたから。

~オードリー・ヘップバーン~

(6) 私は頻繁に独りにならないとだめなの。土曜の夜から月曜の朝までアパートで独りで過ごせたらとても幸せよ。そうやって自分に燃料を補給してるの。

~オードリー・ヘップバーン~

(7) 私は母親になる為に生まれてきたの。

~オードリー・ヘップバーン~

(8) 愛されるより、愛することの方が大切だと思います。

~オードリー・ヘップバーン~

(9) 愛は行動なのよ。言葉だけではだめなの。

~オードリー・ヘップバーン~

(10) 最も可愛い女の子は幸せな女の子だって信じてるわ。

~オードリー・ヘップバーン~

(11) なんで変えなきゃいけないの? みんなそれぞれのスタイルがあって、それを見つけたらずっと持ち続けるべきよ。

~オードリー・ヘップバーン~

(12) お茶をいれてあげる人もいなくて、誰もあなたのことを必要としなくなったとき、人生は終わりだと思う。

~オードリー・ヘップバーン~

(13) 不可能(インポッシブル)なものなんてない。その言葉が自体が言ってるもの、「’I’m possible’」私は可能だって。

~オードリー・ヘップバーン~

(14) たしかに私の顔にしわも増えました。ただ、それは私が多くの愛を知ったということなのです。だから私は今の顔の方が好きです。

~オードリー・ヘップバーン~

(15) 美しい目が欲しいなら、人の良いところを探しなさい。美しい唇が欲しいなら、優しいことだけを話しなさい。落ち着きが欲しいなら、自分はひとりではないということを胸に歩きなさい。

~オードリー・ヘップバーン~

(16) 自分が偶像だとは思っていない。人がどう思っていても、わたしにはわたしの思いがある。わたしは自分のやるべきことをやるだけ。

~オードリー・ヘップバーン~

(17) 実を言うとね、誰かがわたしのことを美しいと言ったり書いたりするたびに思うのよ。いったいどこが美しいのかしらって…古典的な美人ではないことは確かだもの。わたしがこの仕事で身を立てられたのは、美しいからではないわ。

~オードリー・ヘップバーン~

(18) 人生を顧みたとき、映画ばかりがあって、我が子のことさえよく知らないとしたら、それはとても悲しいことでしょう? わたしにとって、息子たちの成長を見守ることほどエキサイティングで楽しくて充足感を与えてくれるものは、ほかにないの。それに、忘れないで、子ども時代はたった1度しかないのよ。

~オードリー・ヘップバーン~

(19) 周囲のことを最優先に考え、自分のことは後回しにするというのは、昔ながらのすばらしい考えかたです。わたしはその価値観にしたがって育てられました。ー あなたよりも周りの人たちのほうが大切です。だから駄々をこねてもだめよ。我慢しなさい。

~オードリー・ヘップバーン~

(20) 人生においてしっかりつかまえておきたい最高のものは、お互いの存在。

~オードリー・ヘップバーン~

(21) 私はあまり多くを期待する人間ではないの。だからかしら、私は私が知る中で誰よりも恨みつらみと無縁の人間よ。

~オードリー・ヘップバーン~

(22) 私はラッキーだったの。チャンスは一度にそう来るものじゃないわ。だから現れたときはぎゅっと掴まないと。

~オードリー・ヘップバーン~

(23) 一個の道具のように自分を分析しなさい。自分自身に対して100パーセント率直でなければなりません。欠点を隠そうとせずに、正面から向かい合うのです。

~オードリー・ヘップバーン~

(24) 助けてくれる手が必要なとき、自分の腕の先にその手があることを思い出して。

~オードリー・ヘップバーン~

(25) 一人ぼっちになるのは嫌やだけど、そっとしておいて欲しいの。

~オードリー・ヘップバーン~

(26) 年をとると、人は自分に二つの手があることに気づきます。一つは自分を助ける手。そして、もう一つは他人を助ける手。

~オードリー・ヘップバーン~

(27) わたしを笑わせてくれる人をわたしは大事にしますわ。正直なところ、わたしは笑うことが何よりも好きなんだと思う。悩ましいことが沢山あっても笑うことで救われる。それって、人間にとって一番大事なことじゃないかしら。

~オードリー・ヘップバーン~

(28) いばる男の人って、要するにまだ一流でないってことなのよ。

~オードリー・ヘップバーン~

(29) 成功は誕生日みたいなもの。待ちに待った誕生日がきても、自分はなにも変わらないでしょ。

~オードリー・ヘップバーン~

(30) 何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。

~オードリー・ヘップバーン~

目次
閉じる