ビートたけしの名言・格言30選|心に響く言葉

ビートたけしのプロフィール

ビートたけし
・1947年1月18日生まれ,東京都足立区出身
・日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優
・タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う
・日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる
Wikipedia

ビートたけしの名言・格言 30選

(1) 人生で楽しいことばかりじゃない。苦しいと思うことも生きている証だと思えば楽しめる

~ビートたけし~

(2) どんなに売れても、300人、400人の客前で上がらないようなヤツは芸人として感受性がないだろ。俺、今もすごい上がり症だしな

~ビートたけし~

(3) 必死にやってもうまくいくとは限らなくてどうにもならないこともある。それが普通で当たり前だってことの方を教えるのが教育だろう

~ビートたけし~

(4) 努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない

~ビートたけし~

(5) あいつ、裏切った、裏切ったって心の中に毒持って生きてくより、相手にいいことしてやったっていう感覚でいるほうがいいんだ。だって、裏切りなんてこれからもじゃんじゃんあるんだから。それをいちいち自分の問題にして抱え込んでたら大変なことになっちゃうもん

~ビートたけし~

(6) (成功の秘訣は)あるとすれば、どこに行ってもトイレ掃除を実践していることぐらいでしょうか

~ビートたけし~

(7) TVをやっていて本番中に何人かこいつには負けたと思う奴がいる。その何人かの代表はこいつ(明石家さんま)です

~ビートたけし~

(8) 我々みたいのが天才のふりをするためには、捨てなきゃいけないものが一杯あるんだよね

~ビートたけし~

(9) 何に興味あんの?って言ったら、やっぱ自分に一番興味あるしさ。何に腹が立つ?って聞かれれば、やっぱ自分だしさ。誰が一番好きかって言えば、これも自分自身なんじゃないかね

~ビートたけし~

(10) 今の社会は、人生とは何かとか、人間の生きる意味は何かみたいなことを言い過ぎる。若い人には、それが強迫観念になっている。何かとそういうことを言う大人が悪いのだ。自分たちだって、生きることと死ぬことの意味なんか絶対にわかってないくせに

~ビートたけし~

(11) 昔から「運も実力のうち」なんて言葉があるとおり、おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思ってる

~ビートたけし~

(12) (天才とは)運と才能と、あと努力…。ごく普通のことを人一倍やった人だよ。そして運は必要だよ

~ビートたけし~

(13) 成功の秘訣は、いちばんなりたいものじゃなくて、その人にとっては二番目か三番目の、違う仕事に就くこと。自分にはもっとやりたいことがあるんだけど、今すぐにそれをできる能力はないから違うことをやってます。それぐらい自分を客観的に見られるやつのほうが、成功する可能性は高い

~ビートたけし~

(14) 世間一般ではアニメオタクとかフィギュアオタクとか、秋葉原をうろついてるやつらを何か差別的に指してるみたいで困るんだけど、ひとつのことにこだわって情熱を傾ける人たちをオタクと呼ぶとしたら、オタクになれるのは実にすごいことだと思うよ

~ビートたけし~

(15) 自分の子供が、何の武器も持っていないことを教えておくのは、ちっとも残酷じゃない

~ビートたけし~

(16) 立派な師匠って言うのは、何百人もの弟子をみんな食わせた。芸人としてはやっていけないような奴まで食わせている。そういう師匠はやっぱり凄いと思うんだ

~ビートたけし~

(17) お前にはその才能がないんだと、親が言ってやるべきなのだ

~ビートたけし~

(18) (ビートたけしの母、さきさんの言葉)貧乏は循環するんですよ。貧乏人は金がない。金がないから学校に行けない。学校に行けないからろくな仕事に就けない。稼げる仕事に就けないからこそ貧乏で、子どもを学校にやれない。こんなこといっちゃ、お釈迦様が怒るかもしれないけど、貧乏ばかりが輪廻する

~ビートたけし~

(19) 変な言い方だけど、自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、人間としては幸せだと思う

~ビートたけし~

(20) 金のことでつべこべ言うと、母親にこっぴどく叱られたものだ。誰だって、金は欲しいに決まっている。だけど、そんなものに振り回されたら、人間はどこまでも下品になるというのが俺の母親の考えだった。貧乏人のやせ我慢と言ったらそれまでだが、そういうプライドが、俺は嫌いじゃない

~ビートたけし~

(21) へりくだった心をもって互いに相手を自分より優れた者としなさい

~ビートたけし~

(22) 原発復旧で活躍した職員に国民栄誉賞をあげろ

~ビートたけし~

(23) 料理人に会ったら料理のこと、運転手に会ったらクルマのこと、坊さんに会ったらあの世のことでも何でも、知ったかぶりせずに、素直な気持ちで聞いてみたらいい。自慢話なんかしているより、ずっと世界が広がるし、何より場が楽しくなる。たとえ知っていたとしても、一応ちゃんと聞くんだ

~ビートたけし~

(24) お金がないことを、そのまま「下流社会」といってしまう下品さに、なぜ世の中の人は気づかないのだろう。「武士は食わねど高楊枝」という気概はどこへ消えたのか。うちは貧乏だったけれど、母親は商店街で投げ売りをしているような店には、絶対に並ばなかった。どんなに遠い店でも、1円のお客を大切に扱う店に通っていた

~ビートたけし~

(25) 貧乏を貧乏の中に封じ込めて、その中で金を回すという商売が多すぎるんだよ。服でも食べ物でも、安売りの品だけを買ってたり、安くて早くてという所に並んでばかりだと、絶対上に上がれないよ

~ビートたけし~

(26) 貧乏を貧乏の中に封じ込めて、その中で金を回すという商売が多すぎるんだよ。服でも食べ物でも、安売りの品だけを買ってたり、安くて早くてという所に並んでばかりだと、絶対上に上がれないよ

~ビートたけし~

(27) 他人への気遣いで大切なのは、話を聞いてやることだ。人間は歳を取ると、どういうわけかこれが苦手になるらしい

~ビートたけし~

(28) もし戦争反対と言うなら、自分が殺されても構わないという覚悟ができなければ嘘だね

~ビートたけし~

(29) 何も無くていいんだ。人は生まれて、生きて、死ぬ、これだけでたいしたもんだ

~ビートたけし~

(30) 自分はまだ未熟だと言い訳にしてる奴が多いが、君達は完璧な人を見たことあるのか?俺はここまでの人生で、まだ出会って無いし、これからも出会わ無いだろうよ

~ビートたけし~