アンジェリーナ・ジョリーの名言・格言30選|心に響く言葉

アンジェリーナ・ジョリーのプロフィール

アンジェリーナ・ジョリー
・1975年6月4日生まれ,アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。
・アメリカ合衆国の女優、映画プロデューサー、ファッションモデル。
Wikipedia

アンジェリーナ・ジョリーの名言・格言 30選

(1) 過去、無茶をしまくったけど、でも、原因無しで反逆的になってたわけではないわ。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(2) 私の旦那様(ブラッド・ピット)って、とっても素晴らしいから、なんで私となんかと一緒なんだろうって時々不思議に思うことがあるわ。彼にとって相応しいくらい、自分が素晴らしいかなんて分らないから。でも仮にもし私が彼を幸せにできているのなら、そういう存在こそが、私の最もなりたい人物像なの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(3) 自分を馬鹿にして、一体だれが気にするの? 他人の見方を怖いと思ったことはないわ。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(4) 私は人の意見にながされる人生を送ってきたことはありません。自分をよい人間だと信じているし、よい母であると信じています。でもそれは世界が決めることではなく子供達が決めることですけれどね。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(5) 女性は皆自分のことを嫌いな時期を経験するのではないかしら。自分が心配していることから開放するところにたどり着けるのは素晴らしいことです。弱点は魅力なのだと気がつきました。傷も魅力であるのです。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(6) 他の女の子たちがバレーダンサーになりたいといってた時、私はどちらかというと吸血鬼になりたかったの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(7) 家族をもつようになるとあなたの人生は全く変わってしまいます。あなたは完全に誰か他の人間のために生きるようになるのです。これが一番驚いたことね。自分の人生を誰かに渡したようなもの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(8) 幸せになる方法は、たったひとつ!ということを学んだの。それはね、毎日毎日を自分の最後の日であるかのように生きること。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(9) 自分に向き合い、正直に、全力で生きる。それを“瞬間を生きること”と解釈しているわ。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(10) 美しさの最大要素は、自分がしていることに満足していて、愛とサポートに囲まれていることだと思う。充実した生活を送っていると幸せだから、それが外見に表れるのよ。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(11) 自分自身をよく知るということ。そして、自分の信念を持って、夢をとことん追求すること。人に何か言われたからといって、意志を変えたり、何も言わずに悩んだり苦しんでいるというのは良くない。ですから、自尊心が何よりも大事なことだと思います。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(12) (あらゆる困難に直面している女性たちへのメッセージとして語った言葉)私が何を言っても、彼女たちの生活が急に楽になるというわけではないけど…女性として、お互いに助け合う。協力し合う。そして、助けてくれる男性にも感謝する。それがとても大事なことです。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(13) たとえ自分を見失ったり落ち込んだりすることがあっても、幸せな日々は必ずやってくるわ。それまで、一日一日を大事にして、リスクを顧みない生き方をしたいの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(14) 分の悪いところは全部個性になるし、人生で犯してきた間違いが魅力になるの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(15) 自分の外見なんて、気にしない。いかに自分の内面が満たされているか、それが大切。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(16) (自身の卵巣の摘出手術について)自分が女性であると感じました。そして自分と家族のための選択をすることに落ち着いたのです。私の子供達は「ママは卵巣がんで死んだ。」と言わなくてよいのです。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(17) 痛みがなければ、苦しむことはありません。私たちは過ちから学ぶこともできません。過ちを正すには、痛み苦しむことは、窓を開けるカギとなります。それなしでは、人生を生きる道はありません。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(18) 人はみんな無垢のままで生まれてくるの。だけど、いろいろな出来事を経験して良い所を失っていく。それでも、あるきっかけによって、人を愛する事ができるのか、その愛を自分自身が受け入れる事が出来るのか、と気がつくのよ。私の場合、それは子供と出会った時。そうね、多くの女性の場合は、子供との出会いによって本当の愛を発見するんだと思う。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(19) 過去を変えることはできませんが、未来はそう、私たちの自由になるのです。そして、あなたはその未来のカギを握るひとりなのです。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(20) 涙は何も生まないと思うわ、正直、今もね。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(21) 私は自分自身を見つめて、深く世界について学びたい、ほかの人々のことや、何が起きているかを知りたいと思ったわ。だから、私は変わったの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(22) 自分の思い通りにはならない。でも、ひとつひとつの決断や行動が、自分の人生をいい方向に変えていってくれる。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(23) 私たちは完璧な人間を見つけることによって愛するようになるのではなく、不完全な人間を完全に見ることを学ぶことによって、愛するようになる。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(24) かつての自分を振り返ってみると、外見的な変化を含めて自分の中の何かを変えてみたいと言う想いに駆られた時期があったの。そして国連の仕事に携わるようになった時、それまで抱えていたちっぽけな問題や悩みは捨て去って“命の尊さ”を世界中の人達に訴えかける、意義のある活動に自分の時間を費やすべきだと言う“想い”に目覚めたの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(25) 私の母は、全てを犠牲にして私と兄を育てあげてくれた“母親の鏡”のような女性で、私は1人の人間として心から尊敬しているわ。 私も自分の母親と同じように子供達に惜しみない愛情を与える母親でありたいと思っているけれど、どんなに頑張ってもきっと私の母の“母性”には叶わないのではないかと思うわ。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(26) 朝起きるとまず第一に母親としての仕事が始まる訳だけれど、でも私の“母としての想い”は、自分の子供達だけではなく、いつも他の国の子供たちとも繋がっているの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(27) なんとかして物事を良くすることは私の喜びであり義務です。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(28) 正しいことは正しい。間違っていることを正すこと。義務感でするのでない。嬉しいからするだけです。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(29) 今の私の作品選びは、とても重要だと思うもの、もしくは非常にクリエイティブで大胆で挑戦的なもの、その2つだけ。真ん中はないの。

~アンジェリーナ・ジョリー~

(30) 自分が頑なになってしまう時、子どもたちを通して非常にオープンになったり、ソフトな面を見つけられたりします。

~アンジェリーナ・ジョリー~