アイルトン・セナの名言30選|心に響く言葉

目次

アイルトン・セナのプロフィール

アイルトン・セナ
・1960年3月21日に生まれ、1994年5月1日に泣くなる。
・ブラジル人の元レーシング・ドライバー。
・世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した。
・セナは多くの投票で「史上最高のF1ドライバー」や「史上最も影響力のあるF1ドライバー」に選出されている。
Wikipedia

アイルトン・セナの名言 30選

(1) 生きるならば、完全な、そして強烈な人生を送りたい。僕はそういう人間だ。事故で死ぬなら、一瞬のうちに死にたい。

~アイルトン・セナ~

(2) この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンス。

~アイルトン・セナ~

(3) 自分の考えや信条を持たず、困難や挫折から目をそらし、毎日をいいかげんに生きている人間ほど哀れなものはない。このごく限られた地上での期間を無駄にしてしまっているのだからね。

~アイルトン・セナ~

(4) 耐えることを学んで欲しい。耐えると言ってもただ受け身的に耐えるのではない。そんなものは愚かな従属だ。攻撃的な姿勢で耐えるのだ。

~アイルトン・セナ~

(5) 全力で走った時にかく汗とは実に気持ちの良いものだ。だから人生で大汗をかいて欲しい。そうすれば結果はどうあれ決して後悔はしない。

~アイルトン・セナ~

(6) 2位になるということは敗者のトップになるということ。

~アイルトン・セナ~

(7) 挫折や悲しみがあるからこそ幸せも感じられるのだ。挫折や苦難なしの人生など退屈極まりないものではないか。

~アイルトン・セナ~

(8) ある日ある時、人は限界を感じる 限界に向かって進み限界に到達するとこれが限界だと感じる。だが限界に達したとき自身に何かが起こり限界の向こう側に行くことがある。

~アイルトン・セナ~

(9) 後悔なんてしない…いつでも自分の判断に従って行動しているのだから。

~アイルトン・セナ~

(10) 僕達はいつも限界で闘っている。マシンも人間もだ。それがモーターレーシングであり<F1なんだ。

~アイルトン・セナ~

(11) 130Rに差しかかった時に神が現れたんだ。眩いばかりの光が差し、神に導かれた僕はレースを支配している気分になった。

~アイルトン・セナ~

(12) あなたが誰であろうと、どんな社会的地位にいようと、地位が高かろうと低かろうと、常にものすごい力で、ものすごい渾身さで取り組むことを目標にし、また全てのことに強い愛を込め、神への強い信仰を持てば、いつかたどり着ける。どうにかしてきっとたどり着けるから。

~アイルトン・セナ~

(13) いくら自分に完璧を求めても完璧な人間なんてどこにもいない。結局、自分や他人の失敗から学んでいくしかないんだ。

~アイルトン・セナ~

(14) 本当の頂点がどこなのかはまだわからない。

~アイルトン・セナ~

(15) 自分が出来ると心から信じることができれば必ずやれる。

~アイルトン・セナ~

(16) 僕たちには制御し切れないものがある。辞められない。進むしかないんだ。

~アイルトン・セナ~

(17) 僕はレーシング・ドライバーであり、スポーツマンだ。 『できると信じればやれる』という、大きな信念を持った男なんだ。そして、僕はいつでも、 自分の心に従って生きている。

~アイルトン・セナ~

(18) 最も重要なのは勝つこと。

~アイルトン・セナ~

(19) 注意深く考えた上で、自分はできる、そしてどんなミスも犯さないと、信じられるかどうかが全てだ。

~アイルトン・セナ~

(20) もし大成功したかったら、完全に専念し、自分の限界を追及し、ベストを尽くさないといけない。

~アイルトン・セナ~

(21) パフォーマンス、コミットメント、努力、渾身さに関しては中間なんて存在しない。やり遂げるか、やらないかのどっちかだけだ。

~アイルトン・セナ~

(22) なぜ人生には、不幸なことが起きるのか。それを理解するのが最も難しいことなんだ。

~アイルトン・セナ~

(23) 女性とは…、一緒にいると大変だけど、なしでは生きられない存在。

~アイルトン・セナ~

(24) 僕はひどいケガをして病院で唸っているのも好きじゃない。もし、事故で命を失うようなことになるんだったら、一瞬に終わってほしい。

~アイルトン・セナ~

(25) 僕は他の誰よりも2秒近く速かったね。突然、自分が意識してマシンをドライブしていないことに気づいたんだ。自分の意識的な理解を超えていたんだと分かってギクッとした。

~アイルトン・セナ~

(26) 神を見た。

~アイルトン・セナ~

(27) 自分が感じていることは正しくないかもしれない。もしかしたら自分の五感すべてが間違っているのかもしれない。だから、常に自分をオープンにしておくんだ。あらゆる情報や、たくさんの知識を、受け入れられるように。耳を傾けて、新しい情報を聞き逃さないように。

~アイルトン・セナ~

(28) 全てにおいて常に向上したい。

~アイルトン・セナ~

(29) 人生の中には、抵抗しようとしても出来ないものがある。僕には走るのを止めることは出来なかった。僕に生命を与えてくれるのは戦いだ。この挑戦がなければ僕はもう、存在しないだろう。

~アイルトン・セナ~

(30) 競争するということは、常に自我を試されているということなんだ。

~アイルトン・セナ~

目次
閉じる