永六輔の名言・格言10選|心に響く言葉

永六輔のプロフィール

永六輔(えい ろくすけ)
・1933年4月10日に生まれ,2016年7月7日に亡くなる。
・東京都台東区生まれのラジオ番組パーソナリティ、タレント、随筆家。
・元放送作家、作詞家である。
Wikipedia

永六輔の名言・格言 10選

(1) 天寿を全うしてっていうけど、天寿っていくつのことをいってるんですか?。

~永六輔~

(2) 美しい生命とか、汚い生命とか、老いた生命とか、若い生命とか、そういう区別はないはずなんですけどね。

~永六輔~

(3) 人生五十年というのは寿命のことじゃありません。五十年過ぎたら人間みんな同じだっていうことです。

~永六輔~

(4) タフですねと言われるようになったら、身体に気をつけなさいよ。

~永六輔~

(5) 最期を看取ってくれる医者と、葬式をキチンとやってくれる坊主や仲間。これは早めに見つけておくことをおすすめします。

~永六輔~

(6) 病院での死に際っていうのは、どうしたって、痛々しい姿になるんだよ。あれを見ると、家族は楽にさせたいと思うようになる。

~永六輔~

(7) 美しく老いるなんてわけがありません。美しく老いる努力をすると美しく老いる場合がある、と言わなきゃ。

~永六輔~

(8) 健康を追求するあまり、不健康になっちゃうでしょう。安全を追求するあまり、危険が増えるのと同じですね。

~永六輔~

(9) 親父は僕らの為に、特に孫たちの為に死んでみせてくれたんだな、と思えた時、その死をとても素直に受け入れられました。

~永六輔~

(10) 歳をとったら、転ばない、風邪ひかない、喰いすぎない、これで十年は長生きします。

~永六輔~