ヒラリー・クリントンの名言・格言30選|心に響く言葉

ヒラリー・クリントンのプロフィール

ヒラリー・クリントン
・1947年10月26日生まれのアメリカ合衆国の政治家、弁護士で、国務長官、上院議員を歴任。
・第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンの妻であり、1993年から2001年までアメリカ合衆国のファーストレディだった。
・同国史上はじめて、主要政党の指名大統領候補となった女性である(2016年大統領選挙)。
Wikipedia

ヒラリー・クリントンの名言・格言 30選

(1) 最後に、世界中の LGBT の男性女性の皆さんに、これだけは言わせてください。あなたがどこに住もうが、あなたが支援のネットワークにつながっていようが孤立して不安に駆られていようが、決して一人ではないと知ってください。世界中の人々があなたを応援し、あなたが直面する不正義と危険に終止符を打つよう努力している。少なくともこれは、私の国(米国)において真実です。あなたはアメリカ合衆国に、数百万人の力強い友人と協力者を持っています。

~ヒラリー・クリントン~

(2) 女性の環境は千差万別で定型はない。ただ言えることは、自分に正直であれ!。

~ヒラリー・クリントン~

(3) 私が彼と結婚していたら、今頃は彼が大統領よ!。

~ヒラリー・クリントン~

(4) あなた、その質問を男性にもする?。

~ヒラリー・クリントン~

(5) 自分に投票してくれた1800万人が、女性にたちはだかるガラスの天井にひびを入れてくれた。

~ヒラリー・クリントン~

(6) 経済を前進させるためには、日本や世界中の女性の潜在力を解放することが不可欠。

~ヒラリー・クリントン~

(7) 我々には向こう20か月やるべきことがたくさんある。女性大統領を見たくないか。

~ヒラリー・クリントン~

(8) 人間の権利は女性の権利であり、女性の権利は人間の権利である。

~ヒラリー・クリントン~

(9) アメリカ国民は毎日チャンピオンを必要としています。私は、そのチャンピオンになりたいのです。

~ヒラリー・クリントン~

(10) 別に軍隊じゃなくても、国のために尽くせるわ。

~ヒラリー・クリントン~

(11) アメリカ合衆国において、人々が人権のために立ち上がる時、引き合いに出される言葉があります。『歴史の正しい側に立て』。アメリカ合衆国の歴史は、不寛容と不平等に繰り返し取り組んできた人々の物語です。我々は奴隷制をめぐり凄惨な南北戦争を戦いました。女性や先住民、人種的少数派、子どもや障がい者、移民、労働者の権利を確立するためのキャンペーンに、全米各地の人が参加してきました。平等と正義への旅は、今後も続いていきます。

~ヒラリー・クリントン~

(12) 社会的成功にクッキーの型抜きのような定型なし。

~ヒラリー・クリントン~

(13) 女性はこの世界において未開発の才能の宝庫である。

~ヒラリー・クリントン~

(14) わたしは家庭でクッキーを焼いて、満足しているような女性ではありません。

~ヒラリー・クリントン~

(15) 私もアメリカの未来のために、大統領選に出ます。

~ヒラリー・クリントン~

(16) そのとき、わたしは13歳くらいだったと思います。NASAに手紙を出して、どうやったら宇宙飛行士になれるか聞いたんです。すると、NASAからは「女性宇宙飛行士には興味がない」といった返事を返されたんです。

~ヒラリー・クリントン~

(17) 外見は、そんなに重要なものじゃない。もし、すっぴんなかどうか心配だというのなら、どうぞ心配なさって。私はこの国のため、日々頭を悩ませているのだから、たまには皆さんが心配するのもいいでしょう。

~ヒラリー・クリントン~

(18) 何を言うの、ビル! もし私が彼と結婚していたら、彼がアメリカ合衆国の大統領になっていたわ。

~ヒラリー・クリントン~

(19) 私は、LGBTの権利の主張を、私自身の国が、この点において完璧とは程遠いことを『知っていながら』主張しています。

~ヒラリー・クリントン~

(20) 数えきれないほどの女性が励ましてくれていることを、なぜ恐れることがあるのだろう?私こそ、あえて戦いにいどむべきだ!。

~ヒラリー・クリントン~

(21) いかなる方法でも支援します。前進あるのみ!。

~ヒラリー・クリントン~

(22) あのね、いいこと? あなたが私を見つめて、私もあなたを見つめ返すにあたって、少しはお互いのことを知っておくべきだと思うの。私はヒラリー・ローダム。あなたの名前は?。

~ヒラリー・クリントン~

(23) 20年後、中国は最も貧しい国になる。

~ヒラリー・クリントン~

(24) もし100万冊売れたら、今、履いている靴のひもを食べる。

~ヒラリー・クリントン~

(25) 私達は個々のことを考えるのを辞めて、社会にとって一番いいことを考えるべきです。

~ヒラリー・クリントン~

(26) バカが見るブタのケツ と言われるブタの気持ちったらない。

~ヒラリー・クリントン~

(27) 彼が宣言したのを聞いたわ。2020年に出馬したいって言ったのよね。私からお願いするとしたら、もし私が再選で出馬していたら、出馬は控えてってことだけね。そうでないと、たくさんの人が立候補したがるわけだから。

~ヒラリー・クリントン~

(28) 何言ってんのよ。私と結婚していたら、あの男が大統領になっていたのよ。

~ヒラリー・クリントン~

(29) その道は、次はもう少し簡単なものになるでしょう。

~ヒラリー・クリントン~

(30) 私のことを怖がらない人だったから。

~ヒラリー・クリントン~