星野源の名言・格言20選|心に響く言葉

星野源のプロフィール

星野源(ほしの げん)
・1981年1月28日生まれ,埼玉県川口市出身。
・日本の音楽家、俳優、文筆家。
・エッセイストやコラムニストとしての顔も持っている。
Wikipedia

星野源の名言・格言 20選

(1) 才能があるからやるのではなく才能がないからやる、という選択肢があってもいいんじゃないか。

~星野源~

(2) あの人みたいになりたいとか思うんだけど、それをやるには自分がかっこいいと思うことをするしかなくて。

~星野源~

(3) 中身が変わることによってその人が変わるでしょ。で、その人が変わると、ブサイクだとしてもブサイクの顔が良いっていう認識にみんななる。

~星野源~

(4) 人生、1回だな。

~星野源~

(5) 音楽はね、 死ぬと聴けなくなるんですよ。

~星野源~

(6)「好きなこと」は人を動かす原動力になる。

~星野源~

(7) 自分で考えないでワァーと体験した事ってすごい刻まれる感じがするっていうか、頭で考えてないで感覚に刷り込まれる。

~星野源~

(8) いつも曲を書き、ひとりで歌っている部屋が、地球全体と繋がったような感覚です。

~星野源~

(9) どんな遠い世界も近所だと思います。

~星野源~

(10) 好きなことを見つけたら突き進んだ方がいい。

~星野源~

(11) 死は、一生懸命に生きた人に与えられるご褒美なんじゃないか。

~星野源~

(12) 自分のことばかりを考えている人より、人をあっさりと思いやれるような人のほうが魅力的に見える。

~星野源~

(13) どんなに的確な批評の言葉より、面白いの一言の方が励まされるし、やる気も出るもの。

~星野源~

(14) 自分の体を傷つけずにいれない人や、人を陥れることを生業としている人だって、それはある部分で幸せを追求しているはず。

~星野源~

(15) 人に迷惑がかからないことであれば、どんどんやったほうがいいな。

~星野源~

(16) 限られた条件の中で何ができるか。

~星野源~

(17) 僕は、虚構とか妄想が好きなんで、どう生活の中で現実との折り合いを付けていくかっていつも考えてる。

~星野源~

(18) 欲深いっていうのを自分で認めるようになってから、何かが前向きに行き始めた。

~星野源~

(19) 相手に「人見知りで」と、さも被害者のように言うのは「自分はコミュニケーションを取る努力をしない人間なので、そちらで気を使ってください」と恐ろしく恥ずかしい宣言をしていることと同じだと思った。

~星野源~

(20) 全ての人に平等に課せられているものは、いずれ訪れる「死」とそれまで延々と続く「生活」だけ。

~星野源~