藤子・F・不二雄の名言30選|心に響く言葉

目次

藤子・F・不二雄のプロフィール

藤子・F・不二雄ふじこ・えふ・ふじお)
・日本の漫画家、脚本家。
・隣接の氷見市出身の安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。
・代表作は『ドラえもん』『パーマン』『オバケのQ太郎』『キテレツ大百科』『エスパー魔美』など。作品の著作権管理は生前に活動拠点としていた藤子・F・不二雄プロが担当している。
Wikipedia

藤子・F・不二雄の名言30選

(1) わたしは出身が幼児漫画ですから、徹底的に「セリフは簡潔でわかりやすく」と仕込まれたんです。大人向けに描いている時でも、ついわかりやすく底の底まで手の内をさらしちゃう

~ 藤子・F・不二雄 ~

(2) まんがに限らず何か創作する人というのは、自分の中に何かを表現したい、自分以外の人に向かって訴えたいものを自分の中に持っているかどうかが一番大切なことだと思うんです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(3) 物を作るというのは、その人の個性を100パーセント発揮させないとうまくいかないんです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(4) 大勢の一人ひとりに、自分が考えたストーリーを説明するのは不可能なのです。大勢の読者に公平に伝わる、わかりやすいものを描いてこそ、はじめて「人気」を得られる道ができるといってよいでしょう

~ 藤子・F・不二雄 ~

(5) 体温を感じさせるような人物を創っていきたい

~ 藤子・F・不二雄 ~

(6) 可能な限り過去の忠実な再現を見たい。つまり、タイムマシンで本物の過去の世界を目の当たりに観たいというのが僕の究極の夢なのです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(7) 人間はなんらかのトラブルにぶつかって、いろいろ悩みながら切り抜けていくことで成長していく。それが大多数の人生のあり方ですよね

~ 藤子・F・不二雄 ~

(8) 子供のころ、ぼくは「のび太」でした

~ 藤子・F・不二雄 ~

(9) のび太にも良い所が1つだけある。それは彼は反省するんです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(10) ぼくのアイディアメモには、ちょっとした思いつきが、そのまま書き留めてあります。ぼくは、それを”タネ”とよんでいます。植物のタネは、将来大きく成長するための遺伝情報をしっかり包み込んで、時の来るのを待っているのです。何年も、何十年も…。ぼくのメモ帳のタネも同じです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(11) 最低、身に着けてほしいのは硬直しない柔軟な考え方です。一面にしか物事を見られない。そんな人間だけにはなってほしくない。そのための一つの方法として、乱読させています。いわゆる良書に限りません。世の中には、様々な世界があり、色々な人たちがいて、それぞれ違った考え方、生き方をしているのだということ。それを分かってほしいと思うのです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(12) 「これだ!」というアイディアは、なかなか出ません。ノートには、形をなさない断片ばかりたまっていく。第一回の締切日が迫ります。プロローグに使えそうな断片をノートから探し、思い切って第一歩を踏み出します

~ 藤子・F・不二雄 ~

(13) のび太は、私自身なんです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(14) 本当に普通の人であったのでは、漫画なんてものは描けません。プラスアルファ――なにか自分だけの世界を、ひとつは持っているべきである。 それは、必ずしもまんがに直結したものでなくてもいいのです。釣りが上手であるとか、模型作りに熱中するとか、SF小説を読みあさるとか。そういったことが、その人の奥行きになって、至極ありふれたものにプラスして、何か個性みたいなものが生まれてくるんじゃないか、と思うのです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(15) 人気漫画を、どうやって描いたらいいか。そんなことが一言で言えたら苦労はしない

~ 藤子・F・不二雄 ~

(16) ぼくの経験では、二十代から三十代あたりが一番油の乗り切った時期で、次から次へとアイディアが出てきました。プロ作家になった初めのうちは、描きたい漫画とか、その材料を手帳にメモしておいても、これを描ききってしまったら、あとはどうなるのだろうというような恐怖感がたえずありました

~ 藤子・F・不二雄 ~

(17) 四十歳を過ぎると、今までの経験などが武器になってくれても、アイディアの出方などは衰えてきます

~ 藤子・F・不二雄 ~

(18) 普通の子に、ドラえもんがやってきたら、超能力を得たら、という、読者のみなさんがいつも夢見ていることを、かわりに演じさせているのです。わかりやすく、親しみやすくと考えていった結果が、こうした作品(「ドラえもん」や「エスパー魔美」)になったわけです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(19) 漫画を描くということは、一言でいえば「再生産」ということになります。かつてあった文化遺産の再生を、漫画という形でおこなっているのが「漫画家」なのです。どんどん取り込んで、どんどんはき出していくという、視野を広く持ち、柔軟な考え方をしなければなりません

~ 藤子・F・不二雄 ~

(20) 「漫画」にムダは禁物!「漫画」のアイディア(案)についても、絵についても、このことはいえます。ムダの多い「まんが」は、ポイントがどこにあるのか、さっぱりわからない

~ 藤子・F・不二雄 ~

(21) 人気がある漫画をということは、大勢の読者が喜んで読んでくれたということです。つまり、その漫画の描き手と読者との間に、共感を持つ部分がたくさんあったということなのです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(22) 漫画を描く時だけでなく、ものを作る時には\”省略\”ということが何よりも大切です。コマのテンポが悪ければ、読者はすぐにも読みあきてしまうものです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(23) 面白い漫画を描くコツは、まず作者自身にとっておもしろい作品をかくことです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(24) 遠い少年の日の記憶を呼び起こし、体験した事、考えた事、喜び悲しみ悩みなど…。それを核とし、肉づけし、外見だけを現代風に装わせて登場人物にしています

~ 藤子・F・不二雄 ~

(25) ドラマは常に対立するものの間に生まれます。なぜ対立が生じたか、どうすれば対立が解消するのか-そこに悲劇も、そして喜劇も生まれてくるのです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(26) あらゆるストーリーはこのクライマックスを頂点に構築されているといってよいでしょう。クライマックスの出来栄えに作品の成功、不成功がかかっています

~ 藤子・F・不二雄 ~

(27) ペン先ひとつで絵柄も変わってくる。なん本も線を引いて、自分の絵柄に合ったものを選ぶこと

~ 藤子・F・不二雄 ~

(28) 「漫画を」というものを分解してみると、結局は小さな断片の寄せ集めなのです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(29) 漫画家は、自分の頭の中で作りあげたフィクションの世界を、紙面にうつしかえて読者に伝え、その共感をえたいと思って一生懸命にまんがをかきます。読者を喜ばせたい、楽しませたい、感動させたい、という気持ちがあるからこそ、プロの漫画家になるわけです

~ 藤子・F・不二雄 ~

(30) 何事も諦めずに、ねばり強くやっていくことが必要です。わかってもらえないと嘆くより、わかってもらうための努力をしなければなりません

~ 藤子・F・不二雄 ~

ローランド   志村けん

明石家さんま   松本人志

オードリー ヘップバーン   タモリ

ブルースリー   矢沢永吉

ジョニー デップ   美輪明宏

ジョン レノン   山田涼介

カズレーザー   宮崎駿

羽生善治   樹木希林

マツコ デラックス   壇蜜

GACKT   黒柳徹子

所ジョージ   ビートたけし

マイケル ジャクソン   尾崎豊

レディー ガガ   福山雅治

木村拓哉   松本潤

櫻井翔   平野紫耀

安室奈美恵   浜崎あゆみ

白石麻衣   秋元康

ヒカキン   DAIGO

林修   メンタリストDaiGo

橋下徹   小泉進次郎

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる