伊坂幸太郎の名言・格言30選|心に響く言葉

伊坂幸太郎のプロフィール

伊坂幸太郎(いさか こうたろう)
・1971年5月25日生まれ、千葉県松戸市出身。
・日本の小説家。
・本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。
・なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。
Wikipedia

伊坂幸太郎の名言・格言 30選

(1) 気持ちは分かるけど、そんなに怖がってたら、できることもできなくなるし、どうせ生きていくなら、ある程度は開き直ったほうがいいよ。

~伊坂幸太郎~

(2) 大事なのは、冷静でいることと親切でいることよ。

~伊坂幸太郎~

(3) クラクションが大きな音で鳴らされるのは、その音により、何かを知らせるためではなく、運転手の怒りや苛立ちを表明するためなのだよ。

~伊坂幸太郎~

(4) 疑うのをやめて、信じてみるのも一つのやり方だ。

~伊坂幸太郎~

(5) 自分の目に映る光景と、目に見えない情報のどちらを信じるんだよ。

~伊坂幸太郎~

(6) 人生で味わうさまざまな出来事を、音楽にしてぎゅっと凝視している。騒がしかったり、壮大だったり、忙しかったり、ゆっくりしていたり、それが人生だ。

~伊坂幸太郎~

(7) 人間というのは前向きだ。かと思えば、めちゃくちゃ悲観的になるしな。ちょうどいい、ってのがないんだよ。

~伊坂幸太郎~

(8) もっと大変な人がいるから、なんて思ったら駄目だよ。そんなこと言ったら、どんな人だって、「海外で飢餓に苦しむ人に比べたら、まだまだ」なんてなっちゃうんだから。

~伊坂幸太郎~

(9) あいつらの言いなりになっていても、自分の道は暗いままだと気付いた。暗い道を不安のまま行くよりも、自分のライトを点けて、自分の道を行くべきだ、と。

~伊坂幸太郎~

(10) まずは押してみるべきだ。…押せば石は動くかもしれない。もしくは、地面に食い込む山のようにびくともしないかもしれない。けれど、押してはみるべきだ。

~伊坂幸太郎~

(11) あ、でも、あれね、気をつけなくちゃいけないのは、「わたしが一番大変」って思っちゃうことね。「わたしだけが大変」とか。

~伊坂幸太郎~

(12) あのね、人間のやることの九十九パーセントは失敗なんだってさ。だから、失敗するのは普通の状態なんだ。フランク・ザッパが言うには、失敗するのを死ぬほど恐れているのは、自分を最高に恰好いいと思っている自惚れた人間なんだって。

~伊坂幸太郎~

(13) 寛容は自らを守るために、不寛容に対して、不寛容になるべきなのかどうか。

~伊坂幸太郎~

(14) 常にベストをつくせ。見る人は見ている。

~伊坂幸太郎~

(15) ひとりひとりはいい人たちだけれど、集団になると頭のない怪物だ。

~伊坂幸太郎~

(16) 人間にとって、年齢とは、その人間の品質を表す数値ではない。つまり、年嵩が増しているからと言って、優秀であるとは限らず、それはただの、肉体の、主に、血管や内臓の使用年数に過ぎない。

~伊坂幸太郎~

(17) 誰だってそうだ。みんな自分の命が、人生が心配で、一番大事に決まっている。どんな事故や事件が起きても、人が真っ先に思うのは「それって私に関係するかしら」だ。むしろ正しい生き方だよ。

~伊坂幸太郎~

(18) 世間が事実だと思ったことが事実なんだ。

~伊坂幸太郎~

(19) 絶対と言い切れることがあるとすれば、人は死ぬ、ということだけだ。人は必ず死ぬ。

~伊坂幸太郎~

(20) ある結論が出て、取りまとめる直前に、細かい追加条件を付け足せば、たいがい呑んでもらえるんですよ。

~伊坂幸太郎~

(21) 臆病は伝染する。そして、勇気も伝染する。

~伊坂幸太郎~

(22)「人間は、その日を摘むこと、日々を楽しむことしかできないんだ。というよりも、それしかないんだよ。なぜなら」なぜなら、人間はいつか死ぬからだ。

~伊坂幸太郎~

(23) 仕事を間違いなく遂行する、というのはプロの基本です。時にはいい加減なプロもいますが、それは仕事というよりは、趣味のようなものですよ。

~伊坂幸太郎~

(24) 優れた人間を見て、ああなりたい、自分も頑張ろう、なんて思っていられるうちはまだ世の中は成長していられるかもしれねえが、たいがいはそうはならねえよ。優れた人間を見て、早く転ばねえかな、そうすりゃざまあみろなのにな、てなもんだ。競争社会には2種類あるんだ。一つは、全員が努力して競い合う、健全な競争だ。でも、多くはそうじゃない。相手を転ばして、楽して勝とうっていう、消極的な競い合いだ。そうなれば自然、お互いがミスを恐れて縮こまる。 冷笑社会! まさにそれだ。

~伊坂幸太郎~

(25) どうせ死ぬのであれば、自分がやりたいことを納得いくまでやるべきじゃないか、と。よそから褒められる人間になったところで、毎日毎日、毎秒毎秒、死へと近づいていくのには変わりがない。明日死ぬかもしれない。やりたいことを我慢して、何が得られるのか。

~伊坂幸太郎~

(26) 知る勇気をもて。自分の理性を使う勇気をもて。

~伊坂幸太郎~

(27) 人間には選択する瞬間がある。決断の瞬間だ。フォワードが大事な試合で、ペナルティエリアに入り、シュートに行くのかパスをするのか、それも決断の一つだろう。その時、試されるのは、判断力や決断力ではなく、勇気なんだと思う。決断を求められる場面が、人には突然、訪れる。勇気の量を試される。

~伊坂幸太郎~

(28) いいかい、人間のやることの九十九パーセントは失敗なんだ。だから、何にも恥ずかしがることはないぞ。失敗するのが普通なんだからな。

~伊坂幸太郎~

(29) 人はいつか死ぬからな。さほど、驚くほどのことでもない。そうだろ。

~伊坂幸太郎~

(30) 人は過ちを犯す。どんな立派な人物も失敗はするし、間違えるものなのだよ、田中君。大事なのは、自分がいけなかったのだ、と認めることだと。間違いを認めることは、何より難しい。

~伊坂幸太郎~