中谷彰宏の名言30選|心に響く言葉

目次

中谷彰宏のプロフィール

中谷彰宏(なかたに あきひろ)
・1959年4月14日生まれ、大阪府堺市出身。
・日本の著作家、俳優、講演活動家。
Wikipedia

中谷彰宏の名言 30選

(1) コメディアンにとって、自分の不幸ほど、おいしいネタはない。

~中谷彰宏~

(2) 一番最初に書くものが、一番エネルギーに満ちているのです。

~中谷彰宏~

(3) 信長や曹操が凄いのは、若い頃の負け戦が多いことだ。

~中谷彰宏~

(4) 人生の長さは寿命で決まるのではありません。何年死ななかったかではなく、何年好きなことをして生きたかなのです。

~中谷彰宏~

(5) 駆け込み乗車のドアは、もう一度開く。その瞬間を逃すな。

~中谷彰宏~

(6) 南極のペンギンが飛べなくなったのは、敵がいなかったからだ。

~中谷彰宏~

(7) 無防備にまさる、防備はありません。

~中谷彰宏~

(8) 神様は不正には寛大だ。しかし、不正を隠すことには厳しい。

~中谷彰宏~

(9) 結局、予定表とは、すべて「先延ばしリスト」です。予定表の中には今できることがあるのに、どうして、今やらないのですか?

~中谷彰宏~

(10) 車の運転を見れば、その人の夢の大きさがわかる。

~中谷彰宏~

(11) 茶こしが完璧すぎると、茶柱は立たない。

~中谷彰宏~

(12) 困った時にはこれを開けよ」と弟子に言い残した、一休さんの遺書にはこう書かれていました。「心配するな。なんとかなる。

~中谷彰宏~

(13) 自分の余命を知った人は、限られた財産と時間を、人のために使うようになる。

~中谷彰宏~

(14) 今、あなたの作ったもので、あなたの知らない人が助かっている。こんな幸せなことはありません。

~中谷彰宏~

(15) 言い訳とお詫びを省けばスピーチは30秒になる。しかも喜ばれる。

~中谷彰宏~

(16) 才能はお酒と同じ。時間をかけて腐らせたものが、人を酔わせる。

~中谷彰宏~

(17) 付き合いでオーディションを受けに来るようなタレントは消える。

~中谷彰宏~

(18) 人生のドラマは長編連続ドラマ。1回や2回見逃しても取り戻せる。

~中谷彰宏~

(19) 風に乗れば、頑張らなくても飛ぶことができるのです。

~中谷彰宏~

(20) 人生は宴会だ。早く酔ったほうが勝ち。

~中谷彰宏~

(21) 悪口もイタズラ電話と同じで、人間の知能を低下させます。ほめる言葉や愛の言葉を常に話している人の知能はどんどん向上していくのです。

~中谷彰宏~

(22) 海では溺れるよりも、体温が下がることで死んでいく。絶望が体温を奪い、希望が体温を上げる。

~中谷彰宏~

(23) 値切ることで自分の評判を値切っている。1割負けてもらったら、2割チップをつける。

~中谷彰宏~

(24) 静かなところで大声で話している人に、歌のうまい人はいない。

~中谷彰宏~

(25) 大阪人にとって怒ることは、度量のなさを示す恥ずかしいことだ。ヤクザですら、ギャグで脅す。

~中谷彰宏~

(26) 器用な人は発明家にはなれません。そんな便利なものをわざわざ発明しなくても、生活に困らないからです。頭が悪くて内向的で不器用な人が、世の中を進化させるのです。

~中谷彰宏~

(27) たったひとり助けるだけで100年後には94人の子孫を助けたことになる。2000年たてば、神様になれる。

~中谷彰宏~

(28) 使うことで、人も機械も長持ちする。車の中でタクシーが一番長持ちする。

~中谷彰宏~

(29) あの人だからできたんだと言った時点で、「失敗者協会」に自ら入会している。

~中谷彰宏~

(30) 人が苦しむ原因はたったひとつです。たくさんのものを手に入れようとするからです。たくさんのものを手に入れたからといって、幸せになれるわけではありません。

~中谷彰宏~

目次
閉じる