高田純次の名言・格言10選|心に響く言葉

高田純次のプロフィール

高田純次(たかだ じゅんじ)
・1947年1月21日生まれ、東京都調布市国領出身。
・各方面から「昭和の無責任男」「芸能界一いい加減な男」などと称される。
・しかし高田を尊敬しているという長嶋一茂は、「本当にいい加減なわけではない」「遊びとか余裕がある方の適当さがある」と評価している。
・本業は俳優。映画・ドラマへも出演しており、代表作に西村京太郎トラベルミステリーの亀井刑事役などがある。
Wikipedia

高田純次の名言・格言 10選

(1) 失敗があって普通。苦労して当たり前。

~高田純次~

(2) オレは『ストレス』っていう言葉をさっき初めて聞いたよ。

~高田純次~

(3) オレは自分をいじめて、いじめて、いじめて、今があるんだ。

~高田純次~

(4) ”適当” – 辞書で調べると適材適所という意味なんだよ。

~高田純次~

(5) 僕の座右の銘は、『ギブミー・チョコレート』だよ。

~高田純次~

(6) 僕だって、なぜ自分がちょいと成功しちゃったのかなんてわからない。人並み以上の努力をしたかといえば、そんなことはまったくない。ただひとつ、他人よりも少しだけ『楽しく生きよう』と思っていたかもしれません。

~高田純次~

(7) 何もかも上手くいかないと気が済まない完璧主義者は、それがいいことだと思っているフシがあるけれど、それで周りが迷惑することもあるんじゃないかな。

~高田純次~

(8) 1番、2番を目指すんじゃなくて、4番、5番を目指す。

~高田純次~

(9) オレはイタリア語がペラペラなんだけど、意味はわからないんだ。

~高田純次~

(10) 苦手な人は受け流しちゃうな。だから、ストレスはゼロ。

~高田純次~