高倉健の名言・格言20選|心に響く言葉

高倉健のプロフィール

高倉健(たかくら けん)
・1931年2月16日に生まれ,2014年11月19日に亡くなる
・福岡県中間市出身,日本の俳優・歌手
・高倉プロモーション所属
・1998年に紫綬褒章、2006年に文化功労者、2013年には文化勲章を受章した
Wikipedia

高倉健の名言・格言 20選

(1) 45歳でフリーになった

~高倉健~

(2) 企画書を書く時間ももったいない。企画書は、議論のためのたたき台でしかない。「あのデータがほしい」「もっときれいに見せたい」と努力する余裕があるなら、不完全でもいいから外に出すべきだ

~高倉健~

(3) 人生ってそれ(出会い)だけって気がします。泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり、すべてが出会いから起きていますよね

~高倉健~

(4) 人に裏切られたことなどない。自分が誤解していただけだ

~高倉健~

(5) いい風に吹かれたいですよ。きつい風にばかり吹かれていると、人に優しくなれないんです

~高倉健~

(6) 何をやったかではなく、何のためにそれをやったかである。今それが大切に思えてきている

~高倉健~

(7) 俳優になろうと思ったのはお金がほしかったからです。恋をした人がいて、その人と暮らすためにお金が必要でした

~高倉健~

(8) 待っていてもいい風は吹いてきません。旅をしないと…

~高倉健~

(9) 拍手されるより、拍手する方がずっと心が豊かになる

~高倉健~

(10) 人間にとっていちばん寂しいのは何を見ても、何を食べても、何の感動もしないこと。 感動をしなくなったら人間おしまい。こんな淋しいことはない

~高倉健~

(11) 人生で大事なものはたったひとつ。心です

~高倉健~

(12) 不器用ですから

~高倉健~

(13) 愛情の反対は無関心。関心があるということは愛情があるということ

~高倉健~

(14) 生き方が芝居に出る

~高倉健~

(15) 役に生き方を教わる…。一番教わってるのは俺かもしれない。

~高倉健~

(16) 肉親の葬式は誰も行ってません。自分の都合で撮影は絶対に止めたくないから

~高倉健~

(17) 映画は国境を越え言葉を越えて、『生きる悲しみ』を希望や勇気に変えることができる力を秘めている

~高倉健~

(18) 同じことを何度も演じろといわれても、できない

~高倉健~

(19) 台本は人に見せるもんじゃない

~高倉健~

(20) カメラテストでドーラン塗られた時、涙出たよ

~高倉健~