宇梶剛士の名言26選|心に響く言葉

  • URLをコピーしました!
目次

宇梶剛士のプロフィール

宇梶剛士(うかじたかし)
・日本の俳優、タレント。オフィス33所属。
・2019年4月24日、広島ホームテレビ『みみよりライブ 5up!』に出演し、手づくり工房ごーあっぷホーム 古民家をDIYで大人の隠れ家を作ろう プロジェクトリーダーに就任。広島で1年かけて活動していく。
Wikipedia

宇梶剛士の名言26選

(1) 若い頃は誰もが自分探しをするでしょ。オレもあがいたけど、『本当の自分なんて、ない』 が結論。今に全力を注ぐしかない

~宇梶剛士~

(2) 今に全力を注ぐしかない

~宇梶剛士~

(3) この色えんぴつで子どもたちが夢のある絵を描くわけですね

~宇梶剛士~

(4) 本当に強い人は戦わない!

~宇梶剛士~

(5) 今、この仕事を大事にできないヤツが、他の仕事だから大事にできるなんてありえない。

~宇梶剛士~

(6) 悪いことをして捕まって、刑務所に入れられるでしょ。そこでわりと楽だったら、自分なら懲りない気がする

~宇梶剛士~

(7) 正直、俺の20代で貧しかった頃よりいい暮らしをしてます。食えない役者や芸人からしたら、こんな暮らしができたら夢のよう

~宇梶剛士~

(8) ちなみに私、刑務所には行ってませんから! 誤解のないようにお願いします

~宇梶剛士~

(9) バカにされたくないから必死で頑張った。頑張るっていうことは、身が入るっていうこと。それまではバカにしてなめきっていたことでも、身が入り、心や気持ちが入ると、そこに見えなかったものが見えてくる。工夫や効率が生まれて、仕事も面白くなってくるんだよね。

~宇梶剛士~

(10) あきらめたり、投げ出すのは簡単。でも、簡単な人生しか生きないようなヤツは、簡単な結果しか得られない。だから今、頑張れないヤツは、先々頑張れるワケがない。

~宇梶剛士~

(11) 薬物やかっぱらいはやってない

~宇梶剛士~

(12) ある日、叔父にこう言われた。「お前、俺はこんな所でくすぶっているような人間じゃねえ、みたいな顔してるけどな、今いる場所がお前の居場所だ。俺はこんな所にいるべき人間じゃない。なんて思っている自分の足元を見ると紛れもなく「こんな所」に立っている。これが現実だ。頑張らないで場所だけ変えても、また足元を見れば、こんな所に立っている。ここにいつまでも居たくないんだったら自分で頑張って変えていくしかない。」それを認めてから僕はどうやって今いる場所を変えていくかに考え方を切り替える事ができた。

~宇梶剛士~

(13) 不良なりのやり方があった。一般の人は巻き込まない、不良同士で戦え

~宇梶剛士~

(14) 今は、『お前、頑張ってるな』と声をかけるのもパワハラになるんだって。これじゃ何も言えないよね。セクハラになるから恋もできない。

~宇梶剛士~

(15) 子育てもそうですが、『ダメ』と否定しないようにしています。『なんでそういうことをするのか、言ってみな』と相手の言うことを聞いて、対話を続ける。例えば『こういう時はどうする?』という対話から、気になる点があれば『お前はこう言ってたけど、その辺は考えた方がいいかもしれない。どうする?』とさらに対話すると、相手はまた考える。そうするうちに育まれてくるものがあります。

~宇梶剛士~

(16) 俺も、先輩たちにそういうふうにしてもらってきたからだと思います。こっちは若い人を預かってるようなものだから、半端なことはできないですよ

~宇梶剛士~

(17) どんなことがあっても、先頭に立つということですね。下っ端に行かせて、自分は後方でふんぞり返っているのでは、やっぱり人に思いは伝わらない

~宇梶剛士~

(18) ピンチというのは自分の心の在り様だと思うんですよ。そういう意味でピンチだったのは、お世話になった人や目指す人たちからもらった言葉を覆してしまいそうになった時ですね。俳優の世界に入った頃、菅原文太さんに『どんなに相手が卑劣であっても、暴力をふるった方が悪になる』と言われました。

~宇梶剛士~

(19) この見た目なので、にこやかに挨拶をすることですね。うちの子が小さい頃は、子どもの友達に怖がられないように『こにゃにゃちわ~』とか『アイーン』とかやってました(笑)。それを見て育ったからか、うちの子も誰にでも挨拶するから、よく果物とかお菓子とかお土産をもらってくるんですよ。みんなにかわいがってもらっているみたいで、ありがたいですね

~宇梶剛士~

(20) ピンチとは、お世話になった人や目指す人たちからもらった言葉を覆してしまいそうになった時。だから、ピンチを乗り越える方法というのは、その言葉に恥じない自分であることですかね

~宇梶剛士~

(21) 二十歳ぐらいの頃、美輪さんから「笑う練習をしなさい」と言われて、ずっと笑う練習をしました。身体もデカいし、しかめっ面では威圧感があるから(笑)。正直、幸せとは言えない人生を送ってきたので、人を信用できないし、世の中にも不信感があって、笑えなかった。美輪さんの言葉をきっかけに、ある程度笑えるようになりました。

~宇梶剛士~

(22) 昔、家出をしてから、ずっと飯を食わしてくれていた父親のような存在の、焼き鳥店のおじさんがいたんです。まだ役者を目指していた時代、その店で飲んでいたら、面倒な連中にしつこく絡まれて、思わず『うるせえ!』と酒をかけてしまって。すると、おじさんは『何が役者だ。ああいうヤツを笑わせる度量がなくて、役者なんかできるわけないだろう、馬鹿野郎!』と俺のことをすごく怒って。

~宇梶剛士~

(23) 昭和の中期頃にいたかもしれない、熱意だけで犯人にぶつかっていくような、絵麻とは逆の存在になるのかな。大声を出してみたり、テーブルを叩いてみたり、時には取っ組み合いになったりしながら事件にぶつかっていく刑事を、いろいろ考えて演じています。

~宇梶剛士~

(24) 筒井は、絵麻といつも火花を散らしてきた関係ですが、その火花の上には同じ正義のようなものがあったのではないか、と見えたらいいですね。これから最終回に向け、筒井と絵麻がどういう向き合い方をするのか、注目していただけたらありがたいです

~宇梶剛士~

(25) 僕の場合は、『嘘をつく時に鼻がふくらむ』とよく言われます。あと、後輩にものを頼むときにだけ敬語になるとか(笑)。感情が表に出やすいみたいで、何を考えているか全部分かると言われます(笑)

~宇梶剛士~

(26) 二十歳ぐらいの頃、美輪さんから「笑う練習をしなさい」と言われて、ずっと笑う練習をしました。身体もデカいし、しかめっ面では威圧感があるから(笑)。正直、幸せとは言えない人生を送ってきたので、人を信用できないし、世の中にも不信感があって、笑えなかった。美輪さんの言葉をきっかけに、ある程度笑えるようになりました。

~宇梶剛士~

ローランド   志村けん

明石家さんま   松本人志

オードリー ヘップバーン   タモリ

ブルースリー   矢沢永吉

ジョニー デップ   美輪明宏

ジョン レノン   山田涼介

カズレーザー   宮崎駿

羽生善治   樹木希林

マツコ デラックス   壇蜜

GACKT   黒柳徹子

所ジョージ   ビートたけし

マイケル ジャクソン   尾崎豊

レディー ガガ   福山雅治

木村拓哉   松本潤

櫻井翔   平野紫耀

安室奈美恵   浜崎あゆみ

白石麻衣   秋元康

ヒカキン   DAIGO

林修   メンタリストDaiGo

橋下徹   小泉進次郎

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる