TERUの名言10選|心に響く言葉

目次

TERUのプロフィール

TERU(てる)
・1971年6月8日生まれ,北海道函館市出身。
・日本のシンガーソングライター。
・ロックバンド・GLAYのボーカリスト。
Wikipedia

TERUの名言 10選

(1)(ストレス解消法は?)仲間と飲むこと。飲んだら次の日頑張ろうとリセットできる。

~TERU~

(2)(自身の迷言・珍言について)『最後のファイナル』と言ったり、『ボーカル以外のやりたいパート』を聞かれて『レジ打ち』って答えたり、本当の話もある(笑)。

~TERU~

(3) バンドに関わる一切を自分たちだけでコントロールできる。それが停滞することなく続く純粋な音楽活動につながっている。

~TERU~

(4)(最大の転機は?)2005年の独立。

~TERU~

(5) 歌詞を書いているときに一番考えたのは、自分が歌うからこそ届けられる言葉とか、GLAYのTERUが歌うことで説得力が出る言葉を使いたい。

~TERU~

(6)(2000年頃)相当なCDの売り上げもあったので、生活に困ることもなかったし、冷静に考えられた。『もうお金なんかどうでもいい、俺たちはまっすぐ進みたい』って考えて、ちゃんと正しい道を歩むことができたんです。

~TERU~

(7)(デビュー24年目の際のインタビュー)よく一緒にやってられるなあって自分たちでも思う(笑)。

~TERU~

(8) 僕らとしてはライブだけじゃなくて函館をのんびり楽しんでほしいというのも函館でライブをするテーマの1つ。

~TERU~

(9) 各々自分の好きなジャンルの音楽をGLAYに取り入れたいっていう考えはあると思う。

~TERU~

(10) 自分が今出来ることをシンプルにやっていきたい!

~TERU~

目次
閉じる