佐渡裕の名言30選|心に響く言葉

目次

佐渡裕のプロフィール

佐渡裕(さどゆたか)
・日本の指揮者。
・兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラおよびウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団首席指揮者。
Wikipedia

佐渡裕の名言30選

(1) オーケストラの演奏会を観に行くと、指揮者が指揮棒を持って、シーンとした静寂の中から音が鳴り始めるわけですね。子供ながらに、その姿は本当にかっこいいなぁ・・・と思って見ていました

~ 佐渡裕 ~

(2) CDで聞くのとはやっぱり違います。この劇場に来て客席に座って、オーケストラの演奏によって目の前の大きな空気が振動しているということを体験してもらうのは非常に重要なことだと思います

~ 佐渡裕 ~

(3) 芸術に関わって、形は残らないかもしれないけれども、また次の人がそのことを自分のフィルターの中でいろんな経験をして、自分がそれぞれ出会った人とのことも含めて、次の世代に伝えていくと。こういう非常に大きな使命を持ってこの仕事に関わっている、というのが自分の中での一つの結論です

~ 佐渡裕 ~

(4) 京都芸大は自分にとって特別な場所で久しぶりに大学に来て専門のことや友達のことなど学生時代の感覚が甦ってた。学生達は僕にとって取り返せないところにいる。だからこそ彼らに伝えておきたいことがある。今日、母校で指導をして胸がいっぱいになった

~ 佐渡裕 ~

(5) 京都市という所はとても面白いところで、市のオーケストラ、音楽大学、音楽高校、そして子供の合唱団もあって、街がそういう文化施設をたくさん持っていたんですね。そういう環境で、育った影響があると思います

~ 佐渡裕 ~

(6) 堀音は生徒の自主性を大切にする校風があって、オーケストラや合唱の練習、学園祭…何でも自分たちでつくり上げていました

~ 佐渡裕 ~

(7) 多くの人に足を運んでもらうために、小学校への出張授業、幼稚園児との合唱などホール側から行動を起こし、ライブ演奏の良さを知ってもらっている。その結果が、開館以降9年間、毎年年間50万人の来場者を獲得し続けている

~ 佐渡裕 ~

(8) 僕が高校生の時も、大先輩の指揮者をはじめプロの演奏家となった先輩方が指導に来てくれたんです。その時のドキドキ感は今も忘れられません。だから僕も、大学生のころから1年に1回くらいはできるだけ堀音を訪れるようにしています。後輩とも刺激し合えますし。もう30年くらいになるかな

~ 佐渡裕 ~

(9) 切り替えは早いですね。仕事をやる時間、休む時間という意識の区別は、はっきり持たないといけないですね。仮に晩ごはんが2時間だとしても、その時間はオフだと思うようにしていますし、飛行機の中の時間もオフなのか、オンとして勉強するのか決めてから乗ってますね

~ 佐渡裕 ~

(10) 現実には世界で闘争があり、戦争もある。けれど、音楽は全く別々の人生を歩んできた人々が一緒に生きていることを肯定してくれる

~ 佐渡裕 ~

(11) 京都のブランド価値はものすごく高いですね。でも、京都の人は京都のことをあまり知らないのが実情ではないでしょうか

~ 佐渡裕 ~

(12) たくさんの方が、「佐渡さんの指揮を観て、演奏を聴いて元気になりました」と言ってくださることは非常に嬉しいことですけど、僕は無理して「よし、今日も本番頑張るぞ」とか気合を入れて頑張る方じゃないですよね。そういうのは不自然のような気がして、できるだけ自然体のままでやっています

~ 佐渡裕 ~

(13) 京都が世界的な文化都市であることは、僕が海外に出て一番実感していることです。「今度日本に行く」「日本に行ってきた」と言うと、必ず京都の話題になる。「僕はその京都の出身なんだよ」と言うと周囲の見る目が変わります

~ 佐渡裕 ~

(14) 24歳でフリーで仕事をしていた頃で、今はもう無くなってしまいましたが、大阪の鶴屋食堂という定食屋でサバ煮定食を食べながら、NHKの放送をたまたま観ていたんですね。バーンスタインが振りおろした指揮姿と、その鳴った音はあまりにも衝撃的でした

~ 佐渡裕 ~

(15) 僕らは演奏会の前にオーケストラとの練習が必要なので、100回公演をするといいますとね、ほぼ3日間練習して3日間演奏会に出て、1日移動する、というペースで仕事をしています

~ 佐渡裕 ~

(16) 私にとってベルリン・フィルは、世界一のオーケストラだったからなんです。でも今でもベルリン・フィルは世界一のオケです。自分は本当にラッキーだと思います

~ 佐渡裕 ~

(17) 決していつもすごくポジティブな人間ではないので、同じだけネガティブな部分もあるし、暗い部分もあるし、それと付き合っていくこともすごく大事だと思いますね

~ 佐渡裕 ~

(18) 僕の中では、音楽は子供の頃から大好きなものだったのですが、それは形が残るものじゃないんですよね

~ 佐渡裕 ~

(19) 音楽は、無意味なことにすごく価値があるのだと今はわかっているのですが

~ 佐渡裕 ~

(20) 練習で何を創るかというのが課題です。つまり、練習でいい加減な音をつくってしまったら取り返しがつかない。だから、過去に100回以上演奏していようが、10年以上毎年繰り返していようが、いつも練習はゼロからスタートするんです

~ 佐渡裕 ~

(21) もしかしたらカルメンは、ドン・ホセが自分の妄想の中で描いていった女性と重ねられているのかも知れない。彼の頭の中にある、自分の人生を捧げても崩壊してもいいと思えるくらいの魅力ある女性

~ 佐渡裕 ~

(22) ただただ音楽をやれるのがうれしかった

~ 佐渡裕 ~

(23) 「何としても京都に音楽学校を!」と、情熱を注がれた先人たちのおかげで、今の京都の素晴らしい音楽環境があるのですね

~ 佐渡裕 ~

(24) 自分がその時夢中になれることをがむしゃらにやるのが一番いいと思います

~ 佐渡裕 ~

(25) 少年合唱団、堀音、市立芸大と歩み、京響でもずいぶん仕事をさせてもらいました。海外に行かなくても音楽を専門的に学べる場がすべて京都にある。これはすごいことですよね。しかも市立芸大には、戦後の大変な時期に音楽学部ができています

~ 佐渡裕 ~

(26) 小澤征爾という人がいなかったら、日本人である自分が指揮者になりたいとは思わなかったかもしれないので、その存在はすごく大きかったです

~ 佐渡裕 ~

(27) ヘッドフォンやスピーカーと違い、実際のホールでの音というのはすべての感覚を刺激する。演奏家と聴衆によって「気」が充満し、その場でしか起こりえない「何か」を全員で体感することができる

~ 佐渡裕 ~

(28) 京都芸大は少人数制の学校で、学生が先生と1対1で指導を受けることができる環境がある。貴重な環境であることに気づいてやっていかないといけない

~ 佐渡裕 ~

(29) 僕の中では、音楽は子供の頃から大好きなものだったのですが、それは形が残るものじゃないんですよね

~ 佐渡裕 ~

(30) 私が小学校を卒業した時、生徒が皆で文集を作りました。そこに自分が将来何になりたいかと書くコーナーがありましたが、私は“ベルリン・フィルの指揮者になりたい”と書きました。今年50歳になりましたが、40年経った今、夢が叶ったことになります

~ 佐渡裕 ~

ローランド   志村けん

明石家さんま   松本人志

オードリー ヘップバーン   タモリ

ブルースリー   矢沢永吉

ジョニー デップ   美輪明宏

ジョン レノン   山田涼介

カズレーザー   宮崎駿

羽生善治   樹木希林

マツコ デラックス   壇蜜

GACKT   黒柳徹子

所ジョージ   ビートたけし

マイケル ジャクソン   尾崎豊

レディー ガガ   福山雅治

木村拓哉   松本潤

櫻井翔   平野紫耀

安室奈美恵   浜崎あゆみ

白石麻衣   秋元康

ヒカキン   DAIGO

林修   メンタリストDaiGo

橋下徹   小泉進次郎

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる