ヘーゲルの名言・格言15選|心に響く言葉

ヘーゲルのプロフィール

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
・1770年8月27日に生まれ、1831年11月14日に亡くなる。
・ドイツの哲学者。
・ドイツ観念論を代表する思想家。
・18世紀後半から19世紀初頭の時代を生き、領邦分立の状態からナポレオンの侵攻を受けてドイツ統一へと向かい始める転換期を歩んだ。
Wikipedia

ヘーゲルの名言・格言 15選

(1) 英雄の従者にとって英雄なる人はひとりもいない。というのは、英雄が英雄でないからではなく、従者が従者であるゆえんだからだ。

~ヘーゲル~

(2) 人格とは、高いものと低いものが一つになったものである。人格には無限なものとまったく有限なもの、一定のはっきりとしたけじめと、けじめのまったくなさとが統一されている。人格の高さというのは、この矛盾を持ちこたえることである。

~ヘーゲル~

(3) 人格とは、高きものと、まったく低きものとが一つになったものである。人格の高さとは、この矛盾を持ち耐えることである。

~ヘーゲル~

(4) 誰かが奴隷なのは、彼自身の意志のせいであり、ある民族が他国の足かせのもとに置かれるのも、同じくその民族の意志のせいである。

~ヘーゲル~

(5) この世で情熱なしに達成された偉大なことなどない。

~ヘーゲル~

(6) 理性的なものは現実的であり、現実的なものは理性的である。

~ヘーゲル~

(7) 天才を知る者は天才である。

~ヘーゲル~

(8) ミルネバの梟は夕暮れになって初めて飛翔する(哲学は、時代が終わって夕暮れ時に黄昏に飛び立つ。つまり哲学として形成するということ)。

~ヘーゲル~

(9) 早起きして、新聞を読むことは、現実主義的な朝の祈りである。

~ヘーゲル~

(10) 自由な人間は決して妬まない。彼は偉大なものを喜んで受け入れ、そうしたものが存在することが、うれしいと喜ぶ。

~ヘーゲル~

(11) 新しい進歩には怖さあり。

~ヘーゲル~

(12) 我々が歴史から学ぶことは、人間は決して歴史から学ばないということだ。

~ヘーゲル~

(13) 真理をめぐる重要な点は、真理を実体としてでなく、主体としてもとらえ表現することである。

~ヘーゲル~

(14) 真なるものは全体である。

~ヘーゲル~

(15) 世界歴史は自由意識の進歩である。

~ヘーゲル~