プラトンの名言30選|心に響く言葉

目次

プラトンのプロフィール

プラトン
・紀元前427年に生まれ,紀元前347年に亡くなる。
・古代ギリシアの哲学者。
・ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。
・プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた。
Wikipedia

プラトンの名言 30選

(1) 始めは全体の半ばである。

~プラトン~

(2) 子供が暗闇を恐れるのは理解できるが、成人が明るみを恐れるのは全く悲劇としか言えない。

~プラトン~

(3) 自分を幸せにする要因を他人に求めず、自分だけに基づく者は幸せに過ごす最善の方策を持つ。この者は節度を知り人間性に富み、賢い。

~プラトン~

(4) 最高の幸福は少しの物で満足して生きれることである。

~プラトン~

(5) 責任は選択をしている人自身が持つべきで、神様に転嫁するな。

~プラトン~

(6) 政治に参加しない代償の一つは劣った者の采配を受けることになることである。

~プラトン~

(7) 人間は意味を求めて生きる生物だ。

~プラトン~

(8) 無知。それは悪の根源。

~プラトン~

(9) 良心的な人々は法律がなくても、責任を持って行動する。一方、そうでない人は法律が有っても、抜け道を探す。

~プラトン~

(10) 石工はみんな知っている。小さい石もないと、大きな石だけでは石垣は上手に積み上げられないと。

~プラトン~

(11) ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである。

~プラトン~


(12) 徳は一種の健康であり、美であり、魂のよいあり方なり。それに反し、悪徳は病気であり、醜であり、弱さなり。

~プラトン~

(13) 自身に見つめられていない人生は、生きる価値がない。

~プラトン~

(14) 地球上の全ての金を持ってしても、美徳には換えられない。

~プラトン~

(15) 勇気とは恐れる必要がない物は何であるか分っていることだ。

~プラトン~

(16) 良い召使になれん奴は良い主人にもなれん。

~プラトン~

君(17) に究極の戦いに参戦する事を勧める。それは自分との戦いだ。地球上のどんな戦いよりも、激しい。

~プラトン~

(18) 知識とはその人の持つ意見。

~プラトン~

(19) 人生は劇場で有るかの様に過ごすべきだ。

~プラトン~

(20) 学んだ知識は、どう見たって、我々が知らない知識と比べたら、取るに足りない。

~プラトン~

(21) 国の統治者は国内外で騙す特権を持つべき唯一の人々である。国益の為に、嘘が許されるかもしれない。

~プラトン~

(22) 一流を目指す者は、自分自身や自分に関する事に囚われず、自分でなそうと、他人によってなされようと、その事(自体)だけに愛着せよ。

~プラトン~

(23) 「新しく」学ぶ事は何も無い。我々が学ぶと呼ぶ行為は回顧の行為でしかない。

~プラトン~

(24) 所得税が掛かる時、同じ収入額でも、公正な人はより多く、不正な人はより少なく払おうとする。

~プラトン~

(25) 愛のない選択は、決して良い結果にはならない。

~プラトン~

(26) 子どもたちに多く残してやらねばならぬのは、金ではなく、廉恥である。

~プラトン~

(27) 自分の人生の主人公になりなさい。あなたは人生で自分の望むどんなことでもできるのです。

~プラトン~

(28) 徳とは一種の健康であり、美であり、魂の良い在り方である。

~プラトン~

(29) 民主主義は専制政治に陥る。

~プラトン~

(30) 何年もたち、時が流れ、君の意見の多くがその逆になることもあるのだよ。

~プラトン~

目次
閉じる