ソクラテスの名言・格言30選|心に響く言葉

ソクラテスのプロフィール

ソクラテス
・紀元前469年頃に生まれ,紀元前399年4月27日に亡くなる
・古代ギリシアの哲学者
・着眼点によって様々な解釈が可能な、多面的な性格を持ち合わせていた思想家であった
・ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポンなどの著作を通じ知られる
Wikipedia

ソクラテスの名言・格言 30選

(1) 人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい

~ソクラテス~

(2) 出発の時間がきた。そして、私たちはそれぞれの道を行く。私は死ぬ、あなたは生きる。どっちが良いのかは神だけが知っている

~ソクラテス~

(3) 貴方のあらゆる言動を誉める人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる

~ソクラテス~

(4) 唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知である

~ソクラテス~

(5) 一番小さなことでも満足できる人が一番裕福である。何故なら満足を感じることが自然が与えてくれる富だからだ

~ソクラテス~

(6) 私が知っているのは、自分が何も知らないということだけだ

~ソクラテス~

(7) 唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある

~ソクラテス~

(8) とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福になれるし悪妻を持てば哲学者になれる

~ソクラテス~

(9) 真の賢者は己の愚を知る者なり

~ソクラテス~

(10) 本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ

~ソクラテス~

(11) 妬みは魂の腐敗である

~ソクラテス~

(12) 良い本を読まない人は、字の読めない人と等しい

~ソクラテス~

(13) 賢者は複雑なことをシンプルに考える

~ソクラテス~

(14) 嘘はいつまでも続かない

~ソクラテス~

(15) よりよく生きる道を探し続けることが、最高の人生を生きることだ

~ソクラテス~

(16) 財産や名誉を得る事のみ執心し、己の魂を善くする事に努めないのを恥とは思わないのか

~ソクラテス~

(17) 魂の探求の無い生活は、人間にとって生きがいの無いものである

~ソクラテス~

(18) 汝自らを知れ

~ソクラテス~

(19) 世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ

~ソクラテス~

(20) 一番大切なことは、単に生きることではなく善く生きることである

~ソクラテス~

(21) 悪法もまた法なり

~ソクラテス~

(22) 我はアテネ人にあらず、ギリシア人にあらずして世界市民なり

~ソクラテス~

(23) 死はいうまでもなく、肉体よりの解放にほかならず

~ソクラテス~

(24) 良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ

~ソクラテス~

(25) 死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か!

~ソクラテス~

(26) 吟味されざる生に、生きる価値なし

~ソクラテス~

(27) 満足は自然の与える富である。贅沢は人為的貧困である

~ソクラテス~

(28) 友と敵とがなければならぬ。友は忠言を敵は警告を与う

~ソクラテス~

(29) 不正を受ける者は、不正を働く者よりも幸福である

~ソクラテス~

(30) 金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない

~ソクラテス~