孔子の名言30選|心に響く言葉

目次

孔子のプロフィール

孔子(こうし)
・紀元前552年9月28日に生まれ,紀元前479年3月9日に亡くなる。
・春秋時代の中国の思想家、哲学者。
・儒家の始祖,身分制秩序の再編と仁道政治を掲げた。
・孔子の弟子たちは孔子の思想を奉じて教団を作り、戦国時代、儒家となって諸子百家の一家をなした。
Wikipedia

孔子の名言 30選

(1) 富貴は浮雲のごとし。

~孔子~

(2) 二度と帰らぬものは過ぎ去った歳月である。二度と会うことができないのは死んでしまった親である。

~孔子~

(3) 仕事には慎重に。

~孔子~

(4) 最も賢い者と最も愚かなものだけが、決して変わることがない。

~孔子~

(5) 徳ある人を見たらその人に並ぶことをめざせ。徳なき人を見たら我が身を振り返り自省せよ。

~孔子~

(6) 高貴な人間は自分自身に平俗な人間は他人に要求を課する。

~孔子~

(7) 成功者は必ずその人なりの哲学をもっているものだ。その哲学がしっかりしているからこそ成功者の人生は揺るがないのだ。

~孔子~

(8) 人間は逆境において人間の真価を試される。人生の達人は逆境を楽しみ、順境もまた楽しむのです。

~孔子~

(9) 三人行けば必ず我が師あり。その善なるものをえらび、之に従い、その不全なるものはこれを改む。

~孔子~

(10) 事も楽しんでやりなさい。楽しんでやることで思わぬ力が発揮されるものなのだ。

~孔子~

(11) 好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ。

~孔子~

(12) 好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ。

~孔子~

(13) 徳は孤ならず必ず隣あり。

~孔子~

(14) 朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり。

~孔子~

(15) みさかいなく怒らない。

~孔子~

(16) 学べばすなわち固ならず。

~孔子~

(17) 過ちて改めざる、これを過ちという。

~孔子~

(18) 止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

~孔子~

(19) その人を知らざれば、その友を見よ。

~孔子~

(20) 過ちを改めざるこれを過ちという。

~孔子~

(21) 良心に照らして少しもやましいところがなければ、何を悩むことがあろうか。何を恐れることがあろうか。

~孔子~

(22) 一を以て之を貫く。

~孔子~

(23) 知らざるを知らずとなすこれ知るなり。

~孔子~

(24) 自分自身に対する誠実さと他人に対する優しさ、すべてはこの二つに包括される。

~孔子~

(25) 人の本性は皆ほとんど同じである。違いが生じるのはそれぞれの習慣によってである。

~孔子~

(26) 物を見るときは、はっきり見る。

~孔子~

(27) 聞くときは、誤りなくしっかりと聞く。

~孔子~

(28) 表情はおだやかに。

~孔子~

(29) 態度は上品に。

~孔子~

(30) 道義に反して利益を追わない。

~孔子~

目次
閉じる