ヘラクレイトスの名言20選|心に響く言葉

目次

ヘラクレイトスのプロフィール

ヘラクレイトス
・紀元前540年頃に生まれ、紀元前480年頃に亡くなる。
・ギリシア人の哲学者、自然哲学者。
・万物は流転していると考え、自然界は絶えず変化していると考えた。
・その著作の難解さと厭世観から「暗い哲学者」、あるいは、「泣く哲学者」と呼ばれる。
Wikipedia

ヘラクレイトスの名言 20選

(1) 一番大切な事柄について、いいかげんな当て推量は控えよ。

~ヘラクレイトス~

(2) 人類の歴史はだんだんと教育対破局の競争となってきている。

~ヘラクレイトス~

(3) 互いに異なるものから、最も美しいものが生じる。万物は争いより生じる。

~ヘラクレイトス~

(4) 宇宙は、永遠に生きる火である。

~ヘラクレイトス~

(5) 世界について知りたいなら、細部を見過ごしてはならない。

~ヘラクレイトス~

(6) 公民(デーモス)は、市壁を守って戦うがごとくに、法を守るために戦わねばならない。

~ヘラクレイトス~

(7) 火は土の死により、空気は火の死により、水は空気の死により、土は水の死による。

~ヘラクレイトス~

(8) いくら勉強して、知織を体得したとしても、ただそれだけでは英知は身につかない。

~ヘラクレイトス~

(9) 魂には、自己を増大させるロゴスが備わっている。

~ヘラクレイトス~

(10) 乾いた魂は、最上の賢いもので優れたものである。

~ヘラクレイトス~

(11) エペソスの、一人前の大人になった者はみんな、首をくくって死んだ方がよい。そして、国を子供たちの手にゆだねればよい。ヘルモドロスのような、もっとも有能な男を追放したのだから。

~ヘラクレイトス~

(12) 最も優れた人々は、あらゆるものを犠牲にしても、たった1つのものを選ぶ。死すべき事物に変えて不滅の誉れを。

~ヘラクレイトス~

(13) 共通なロゴスに従うべきなのだが、ほとんどの人間は自分だけの智に頼って生きている。

~ヘラクレイトス~

(14) エペソスの人々よ。君たちが富に見放され、最後には、不正の輩だということを、天下にさらすことのないように。

~ヘラクレイトス~

(15) 思考はすべてのものにとって共通のものとしてある。

~ヘラクレイトス~

(16) 賢者の評判の高いものでも自分の考えに固執している。

~ヘラクレイトス~

(17) みずからと対立するものは、みずからと調和している。逆方向に引っ張り合う力の調和というものがあるのだ。たとえば弓や竪琴の場合がそれである。

~ヘラクレイトス~

(18) 思慮の健全さこそ最大の能力であり、知恵である。それは、物の本性に従って理解しながら、真実を語り行うことなのだ。

~ヘラクレイトス~

(19) 自己認識すること。そして思慮を健全に保つことは、すべての人間に許されていること。

~ヘラクレイトス~

(20) より大いなる死(モロイ)には、より大いなる取り分(モイライ)が当たる。

~ヘラクレイトス~

目次
閉じる