フレーズ・パスカルの名言・格言30選|心に響く言葉

ブレーズ・パスカルのプロフィール

ブレーズ・パスカル
・1623年6月19日に生まれ,1662年8月19日に亡くなる
・フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者、発明家、実業家
・早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。ただし、短命であり、三十代で逝去している
・「人間は考える葦である」などの多数の名文句やパスカルの賭けなどの多数の有名な思弁がある遺稿集『パンセ』は有名である
・その他、パスカルの三角形、パスカルの原理、パスカルの定理などの発見で知られる
Wikipedia

ブレーズ・パスカルの名言・格言 30選

(1) 正義は論議の種になるが、力は非常にはっきりしていて論議無用である。そのために、人は正義に 力を与えることができなかった。何故なら力は正義に反対してそれは正しくなく正しいのは自分だと言ったからである。このようにして人は正しいものを強くできなかったので強いものを正義とした

~ブレーズ・パスカル~

(2) 人間のむなしさを知ろうとするなら、恋愛の原因と結果とをよく眺めるがよい

~ブレーズ・パスカル~

(3) 情念は過度でなければ美しくありえない。人は愛しすぎないときには十分に愛していないのだ

~ブレーズ・パスカル~

(4) すべての人間は、本性によって、互いを憎み合う

~ブレーズ・パスカル~

(5) もし君が勝てば、君は全部もうける。もし君が負けても、何も損しない。それだから、ためらわずに、神があると賭けたまえ

~ブレーズ・パスカル~

(6) 些細な事が我々を慰める、些細な事が我々を苦しめるように

~ブレーズ・パスカル~

(7) すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している

~ブレーズ・パスカル~

(8) 人間の営みはすべて、幸福をつかむことにつきる

~ブレーズ・パスカル~

(9)人間にとって退屈ほど耐えられないものはない

~ブレーズ・パスカル~

(10) 世には沢山のいい格言がある。人がそれらを適用することに欠けているだけだ

~ブレーズ・パスカル~

(11) 人間は考えるために生まれている。ゆえに人間は、ひとときも考えないではいられない

~ブレーズ・パスカル~

(12) 沈黙していることは最大の責め苦である。聖人でさえ己に沈黙を課し得ない

~ブレーズ・パスカル~

(13) 戦いほど面白いものはない。だが、勝利はそれほどでもない

~ブレーズ・パスカル~

(14) 知恵は知識に勝る

~ブレーズ・パスカル~

(15) 真の雄弁は雄弁を軽蔑し、真の道徳は道徳を軽蔑する。哲学を軽蔑することこそ、真に哲学することである

~ブレーズ・パスカル~

(16) 徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである

~ブレーズ・パスカル~

(17) 恥は一つしかない。すなわち、なんの恥も感じないということだ

~ブレーズ・パスカル~

(18) 偉人が我々より偉いのは頭が少しばかり高く出ているだけのことで、足のほうは我々と同じくらい低いところにある

~ブレーズ・パスカル~

(19) 雄弁も長たらしくなると退屈する

~ブレーズ・パスカル~

(20) 人間にとって苦悩に負けることは恥ではない。快楽に負けることこそ恥である

~ブレーズ・パスカル~

(21) 無神論は精神の強さを示す。しかし、一定程度までである

~ブレーズ・パスカル~

(22) 人間はつねに、自分に理解できない事柄は何でも否定したがるものである

~ブレーズ・パスカル~

(23) 時は悲しみと口論の傷を癒す。人はみな変わる。過去の自分はもはや現在の自分ではない。悩む者も悩ます者も、時がたてば別人になる

~ブレーズ・パスカル~

(24) 好奇心というものは、実は虚栄心にすぎない。たいていの場合、何かを知ろうとする人は、ただそれについて他人に語りたいからだ

~ブレーズ・パスカル~

(25) 力なき正義は無力であり、正義なき力は圧制である

~ブレーズ・パスカル~

(26) 無知を恐れてはいけない。偽りの知識を恐れよ

~ブレーズ・パスカル~

(27) すべてのものが確かであるということは確実ではない

~ブレーズ・パスカル~

(28) もしもすべての人が、互いに何を語り合っているかを知ったならば、この世に友は4人といないであろう

~ブレーズ・パスカル~

(29) 己はこの世のすべてである

~ブレーズ・パスカル~

(30) 想像力は何でもやってのける。それは美と正義と幸福をつくるが、これこそ、この世におけるすべてなのだ

~ブレーズ・パスカル~