ジークムント・フロイトの名言30選|心に響く言葉

目次

ジームクント・フロイトのプロフィール

ジークムント・フロイト
・1856年5月5日に生まれ,1939年9月23日に亡くなる。
・オーストリアの精神科医。
・神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、自由連想法、無意識研究を行い、さらに精神力動論を展開した。精神分析学の創始者として知られる。
・人間が意識していないいわゆる「無意識」を初めて扱ったフロイトの精神分析は、「無意識の哲学」として大陸現代思想に大きな影響を及ぼした。
Wikipedia

ジークムント・フロイトの名言 30選

(1) 偉大なるレオナルドは生涯を通じて、実のところ子供のままでいたようだ。大人になっても遊ぶことをやめなかった。

~ジークムント・フロイト~

(2) 人を動かす欲求は二つしかない。一つは性欲。もう一つは偉くなりたいという欲求である。

~ジークムント・フロイト~

(3) 人間として大事なことは、愛することと働くことである。

~ジークムント・フロイト~

(4) 衝動の有るところに、自我を在らしめよ。

~ジークムント・フロイト~

(5) 子供が遊ぶ動機は、「大人になりたい」である。この願望は子供を教育する上で、重要になる。

~ジークムント・フロイト~

(6) 言葉で諦める者は、現実でも諦めるものだ。

~ジークムント・フロイト~

(7) 幸福になる方法は、自分で実験してみなければ分からない。

~ジークムント・フロイト~

(8) たくさんの失敗を重ねてみて、はじめて真実の全体像が見えてくるのだ。

~ジークムント・フロイト~

(9) 対象そのものからは喜びをほとんど見いだせず、対比してやっと本当に喜びが見いだせる。私たちはそういうふうに出来ている。

~ジークムント・フロイト~

(10) 恋に落ちているときほど、苦痛に対して無防備であることはない。

~ジークムント・フロイト~

(11) 猫と過ごす時間は、決して無駄にはならない。

~ジークムント・フロイト~

(12) 人生において最も重要な3つの領域:それは仕事、愛、責任感。

~ジークムント・フロイト~

(13) 道徳のある人間は、悪人が現実世界で行ってしまう物事を夢の中だけに留めておける。

~ジークムント・フロイト~

(14) あなたの強さは、あなたの弱さから生まれる。

~ジークムント・フロイト~

(15) いつの日か過去を振り返ったとき、苦心にすごした年月こそが最も美しいことに気づかされるだろう。

~ジークムント・フロイト~

(16) 大人になるということは、あいまいさを受け入れる能力をもつということ。

~ジークムント・フロイト~

(17) いつも自分の外側に力や自信の源を探してきました。でも、本当は自分の内側にあるものです。自分の中にしかありません。

~ジークムント・フロイト~

(18) 犬は、友を愛し敵に噛みつく。人間とはまるで異なる。人間には純粋に愛する能力がなく、常に愛と憎しみを混合してしまう。

~ジークムント・フロイト~

(19) 宗教は、人間一般の強迫神経症である。

~ジークムント・フロイト~

(20) 愛されていると確信している人間はどれほど大胆になれることか。

~ジークムント・フロイト~

(21) 「否定と出会う」ことが出発点である。

~ジークムント・フロイト~

(22) 非常に強い悲しみというのは、時間が経つと薄らぐだろう。しかし、失われた者の代わりというのは、絶対に有り得ない。どんなに心の中にあいた穴を埋めようとしても、また埋められたと思っても、絶対に、それは最初のものの代わりにはなり得ない。

~ジークムント・フロイト~

(23) 生きる意味や価値を考え始めると、我々は、気がおかしくなってしまう。生きる意味など、存在しないのだから。

~ジークムント・フロイト~

(24) 誇張を受けたものは、欠如を現わしている。

~ジークムント・フロイト~

(25) 思考は、忘れ去られたとき、一体どこへ行くのか?

~ジークムント・フロイト~

(26) 人類で初めて石の代わりに侮辱を投げつけた人物は文明の創始者である。

~ジークムント・フロイト~

(27) 夢は、最も狂っているようにみえるとき、最も深い意味を持つことがある。

~ジークムント・フロイト~

(28) 知性の声は小さい。

~ジークムント・フロイト~

(29) あらゆる生あるものの目指すところは死である。

~ジークムント・フロイト~

(30) あらゆるものの中心に愛を置き、愛し愛されることに至上の喜びを見出せたとき、幸福は訪れる。

~ジークムント・フロイト~

目次
閉じる