ルネ・デカルトの名言・格言20選|心に響く言葉

ルネ・デカルトのプロフィール

ルネ・デカルト
・1596年3月31日に生まれ,1650年2月11日に亡くなる
・フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖
・哲学全体は一本の木に例えられ、根に形而上学、幹に自然学、枝に諸々のその他の学問が当てられ、そこには機械学、医学、道徳という果実が実り、哲学の成果は、枝に実る諸学問から得られる、と考えた
・有名な著作については,「方法序説」などがある
Wikipedia

ルネ・デカルトの名言・格言 20選

(1) わたしたちの意見が分かれるのは、ある人が他人よりも理性があるということによるのではなく、ただ、わたしたちが思考を異なる道筋で導き、同一のことを考察していないことから生じる

~ルネ・デカルト~

(2) 良い精神を持っているだけでは十分ではなく、大切なのはそれを良く用いることだ

~ルネ・デカルト~

(3) 自分を判断する場合、いつも、自惚れるより疑心を抱く

~ルネ・デカルト~

(4) 人の考えを本当に理解するには、彼らの言葉ではなく、彼らの行動に注意を払え

~ルネ・デカルト~

(5) 賛成の数が多いからと言って、何一つ価値のある証拠にはならない

~ルネ・デカルト~

(6) あまりに旅に時間を費やす者は、最後には己の国でよそものとなる

~ルネ・デカルト~

(7) 難問は分割せよ

~ルネ・デカルト~

(8) 決断ができない人間は、欲望が大きすぎるか、悟性が足りないのだ

~ルネ・デカルト~

(9) 決断ができない人間は、欲望が大きすぎるか、悟性が足りないのだ

~ルネ・デカルト~

(10) 一日一日を大切にしなさい。毎日のわずかな差が、人生にとって大きな差となって現れるのですから

~ルネ・デカルト~

(11) 我思う、ゆえに我あり

~ルネ・デカルト~

(12) いたるところで目の前に現れる事柄について反省を加え、そこから何らかの利点を引き出すことだ

~ルネ・デカルト~

(13) ギリシアの画家アペレスは、自分の絵の後ろに隠れて人々の率直な批判をきき、腕を磨いたという。自己教育の手段である

~ルネ・デカルト~

(14) もしあなたがほんとうに真理を探究するなら、いちどは自分の人生におけるすべてのものを可能な限り疑わなければならない

~ルネ・デカルト~

(15) 行為すること、これが存在することである

~ルネ・デカルト~

(16) 理性によってのみ我々は人間となる

~ルネ・デカルト~

(17) 自然は人間を嫌う

~ルネ・デカルト~

(18) 世界ではなく、自分自身を征服せよ

~ルネ・デカルト~

(19)人間の誤りの主な原因は、幼少期に身に付いた偏見である

~ルネ・デカルト~

(20) 疑いは知のはじまりである

~ルネ・デカルト~