マルティン・ハイデッガーの名言・格言10選|心に響く言葉

マルティン・ハイデッガーのプロフィール

マルティン・ハイデッガー
・1889年9月26日に生まれ、1976年5月26日に亡くなる。
・ドイツの哲学者。
・ハイデガーとも表記される。
・20世紀大陸哲学の潮流における最も重要な哲学者の一人とされる。
Wikipedia

マルティン・ハイデッガーの名言・格言 10選

(1) 人は、いつか必ず死が訪れるということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。

~マルティン・ハイデッガー~

(2) われわれは訊ねる、まだ何が冒険されうるのだろうか、生そのものよりも、すなわち冒険そのものよりも、一体何がより冒険的なのだろうか、つまり何が、存在者の存在よりもより冒険的なのだろうかと。

~マルティン・ハイデッガー~

(3) 良心は、ただただ常に沈黙という形で語る。

~マルティン・ハイデッガー~

(4) 人は死から目を背けているうちは、自己の存在に気を遣えない。死というものを自覚できるかどうかが、自分の可能性を見つめて生きる生き方につながる。

~マルティン・ハイデッガー~

(5) 生きている世界は、自分の世界のそのときの状況がどうであるか、そしてそのときの状況から見てどうであるかによって、さまざまな仕方で現れてくる。生きている世界の内容を決めるのは、常に自分の世界の不安定な流動的な成立であり、その状況的性格である。

~マルティン・ハイデッガー~

(6) 経験を積んだ人は、物事がこうであるという事を知っているが、なぜそうであるかということを知らない。

~マルティン・ハイデッガー~

(7) 単純なものこそ、変わらないもの、偉大なるものの謎を宿している。

~マルティン・ハイデッガー~

(8) 人間は、時間的な存在である。

~マルティン・ハイデッガー~

(9) 存在者の存在に応えて語ることが、哲学である。

~マルティン・ハイデッガー~

(10) 偉大に思索する者は、偉大に迷うに違いない。

~マルティン・ハイデッガー~