サミュエル・テイラー・コールリッジの名言10選|心に響く言葉

目次

サミュエル・テイラー・コールリッジのプロフィール

サミュエル・テイラー・コールリッジ
・1772年10月21日に生まれ,1834年7月25日に亡くなる。
・イギリスのロマン派詩人であり、批評家、哲学者。
・ウィリアム・ワーズワースとの共著『抒情民謡集』を刊行し、ロマン主義運動の先駆けとなる。
・ドイツ留学時に観念論を学び、イギリスでの功利主義と対立した思想を展開した。
Wikipedia

サミュエル・テイラー・コールリッジの名言 10選

(1) 水、水、水、いずこを見ても水ばかり しかも一滴も飲むことかなわず。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(2) 偉大なる精神は男女両性を備えている。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(3) 人生のしあわせは、ささいなことの積み重ねでできている。小さな、すぐに忘れてしまうような、あたたかいキス、ほほえみ、優しいまなざし、心からのほめ言葉、そして数えきれない、ちょっとした楽しい考えや、うれしい気持ちといったものだ。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(4) 不当な軽蔑をはねつける必要に迫られると、どんな謙虚な人もプライドと同意識の昂奮に否応なしに追い込まれる。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(5) 忠告とは雪のようなものだ。穏やかに降るほど、長く消えずに残り、心に染み込んでいく。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(6) 我々は強制によって幸せにはなりえない。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(7) 会って、知って、愛して、そして別れていくのが幾多の人間の悲しい物語である。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(8) 異常なまでに高められた常識のことを、世間は知恵と呼んでいる。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(9) 年を取った女性には3つの種類がある。第一は、あのやさしいおばあちゃん、第二は、あのばあさん、第三は、あの鬼ばばあ。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

(10) 不当な軽蔑をはねつける必要に迫られると、どんな謙虚な人もプライドと同意識の昂奮に否応なしに追い込まれる。

~サミュエル・テイラー・コールリッジ~

目次
閉じる