アルフレッド・アドラーの名言・格言30選|心に響く言葉

アルフレッド・アドラーのプロフィール

アルフレッド・アドラー
・1870年2月7日に生まれ、1937年5月28日に亡くなる。
・オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。
・初期の頃のフロイトとの関わりについて誤解があるが、アドラーはフロイトの共同研究者であり、1911年にはフロイトのグループとは完全に決別し、個人心理学(アドラー心理学)を創始した。
Wikipedia

アルフレッド・アドラーの名言・格言 30選

(1) 叱られたり、褒められたりして育った人は、叱られたり、褒められたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を、敵だと思うようになるのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(2) ほかの人の自分に対する評価は、その人の個人的な意見であり、自分の評価そのものには、関係しない。

~アルフレッド・アドラー~

(3) 自分の不完全さを認め、受け入れなさい。相手の不完全さを認め、許しなさい。

~アルフレッド・アドラー~

(4) 他人からの賞賛や感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献しているという自己満足で十分である。

~アルフレッド・アドラー~

(5) 「仕事で失敗しませんでした。働かなかったからです」「人間関係で失敗しませんでした。人の輪に入らなかったからです」。彼の人生は完全で、そして最悪だった。

~アルフレッド・アドラー~

(6) カッときて自分を見失い怒鳴ったのではない。相手を支配するために、怒りという感情を創り出し利用したのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(7) 人は失敗を通じてしか学ばない。

~アルフレッド・アドラー~

(8) 陰口を言われても嫌われても、あなたが気にすることはない。相手があなたをどう感じるかは相手の課題なのだから。

~アルフレッド・アドラー~

(9) 人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。過去の原因は「解説」になっても「解決」にはならないだろう。

~アルフレッド・アドラー~

(10) それが「あなたの課題」ならば、たとえ親に反対されても従う必要はない。自分の課題に足を踏み込ませてはいけないのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(11) あなたが劣っているから劣等感があるのではない。どんなに優秀に見える人にも劣等感は存在する。目標がある限り、劣等感があるのは当然のことだ。

~アルフレッド・アドラー~

(12) 妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(13) 悲しいから涙を流すのではない。相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(14) 叱ると一時的には効果がある。しかし、本質的な解決にはならない。むしろ相手は活力を奪われ、ますます言うことを聞かなくなるだろう。

~アルフレッド・アドラー~

(15) 全ての悩みは対人関係の課題である。仙人のような世捨て人でさえも、実は他人の目を気にしているのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(16) 理不尽な上司や学校の先生に無理矢理認めてもらう必要はない。市場価値の高い人になればいい。より大きな共同体で考えればいいのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(17) 「親が悪いから」「パートナーが悪いから」「時代が悪いから」「こういう運命だから」これらは責任転嫁の典型的な言い訳である。

~アルフレッド・アドラー~

(18) わかっているけどできませんとは、単にやりたくないだけだ。

~アルフレッド・アドラー~

(19) あなたが悩んでいる問題は本当にあなたの問題だろうか。その問題を放置した場合に困るのは誰か、冷静に考えてみることだ。

~アルフレッド・アドラー~

(20) 人の育て方に迷ったときは、自分に質問するといい。「この体験を通じて、相手は何を学ぶだろうか?」と。そうすれば、必ず答えが見つかるだろう。

~アルフレッド・アドラー~

(21) 自分のことばかり考えてはいないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、これらの人は幸せになることができないだろう。

~アルフレッド・アドラー~

(22) 信用するのではなく、信頼するのだ。信頼とは裏付けも担保もなく相手を信じること。裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。

~アルフレッド・アドラー~

(23) 生まれ変わる必要はない。感情の使い方を変えればいい。

~アルフレッド・アドラー~

(24) 誰かが始めなくてはならない。見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、あなたから始めるのだ。

~アルフレッド・アドラー~

(25) 強く見せる努力は止めて、強くなる努力をすべきだ。

~アルフレッド・アドラー~

(26) まだ無理だと思ってもやらせてみる。失敗しても「今度は上手くできるはず」と声をかけることが大切。

~アルフレッド・アドラー~

(27) 間違いを指摘せず、原因研究という吊し上げもせず、「こんなやり方はどうかな?」と提案する。それこそが、相手を育てる有効な方法である。

~アルフレッド・アドラー~

(28) 大切なことは共感すること。共感とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることだ。

~アルフレッド・アドラー~

(29) ガミガミ叱られ続けた者が暗い性格になるとは限らない。親の考えを受け入れるか、親を反面教師にするかは、自分の意志で決められるからだ。

~アルフレッド・アドラー~

(30) 愛の課題とは、異性とのつきあいや夫婦関係のことである。人生で一番困難な課題であるがゆえに、解決できれば深いやすらぎが訪れるだろう。

~アルフレッド・アドラー~