シェイクスピアの名言30選|心に響く言葉

目次

シェイクスピアのプロフィール

シェイクスピア
・1564年4月26日に生まれ、1616年4月23日に亡くなる。
・イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。
・また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知るうえでの貴重な言語学的資料ともなっている。
・1613年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。
Wikipedia

シェイクスピアの名言 30選

(1) 馬鹿は自分のことを賢いと思い、賢明な人間は自分が愚か者であることを知っている。

~シェイクスピア~

(2) 今晩一晩は我慢しなさい。そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。そして、その次はもっと楽になる。

~シェイクスピア~

(3) 誰の話でも聞いてやれ、しかし自分のことはあまり話すでない。他人の意見をよく聞き、だが判断は差し控えておくこと。

~シェイクスピア~

(4) 雄弁が役に立たないときにも、純粋な、無邪気な沈黙が、かえって相手を説得することがある。

~シェイクスピア~

(5) 1分遅刻するより、3時間早すぎるほうが良い。

~シェイクスピア~

(6) 逆境が人に与えるものこそ美しい。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。

~シェイクスピア~

(7) 人間の心というものは、活動が止まってしまうと、雑草が生えるものだ。

~シェイクスピア~

(8) この世はすべて舞台だ。そして男も女もその役者に過ぎない。

~シェイクスピア~

(9) 不幸を治す薬は希望より他にない。

~シェイクスピア~

(10) 人の成すことには潮時というものがある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。

~シェイクスピア~

(11) 一旦、仕事に着手したら、目標とする全てが得られるまで手を離すな。

~シェイクスピア~

(12) 自分の中にある疑念は、裏切り者である。それは、試みることを恐れさせ、手にすることができたかもしれない勝利を取り逃がさせてしまう。

~シェイクスピア~

(13) 逆境が人に与える教訓ほど、うるわしいものはない。

~シェイクスピア~

(14) 事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。

~シェイクスピア~

(15) 嫉妬をする人はわけがあるから疑うんじゃないんです。疑い深いから疑うんです。

~シェイクスピア~

(16) 女は神と悪魔の共同製作品である。

~シェイクスピア~

(17) 天国と地上の間には、世の哲学などの思い及ばぬことが多数ある。

~シェイクスピア~

(18) 人の言葉は善意に取れ。その方が五倍も賢い。

~シェイクスピア~

(19) 人の傷を笑うのは、傷の痛みを感じたことのないやつだ。

~シェイクスピア~

(20) 老人とは、子どもを二つ合わせたようなものだ。

~シェイクスピア~

(21) 人は死ぬも生きるも自分の意のままにならない。

~シェイクスピア~

(22) 「今が最悪」と言える間は、最悪ではない。

~シェイクスピア~

(23) 男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。

~シェイクスピア~

(24) 真実の愛はうまくいかないものだ。

~シェイクスピア~

(25) 失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。

~シェイクスピア~

(26) 人間はとかく、我が手の内にある大事な物を、値打ち通りには認めぬもの、手を放れて初めてその価値に気づき、手元にあった時、自分のものであるが故に隠されていた美点が見えてくるのです。

~シェイクスピア~

(27) 安心、それが人間の最も近くにいる敵である。

~シェイクスピア~

(28) 避けることができないものは、抱擁してしまわなければならない。

~シェイクスピア~

(29) 毎日が休日だったら、遊びも仕事と同じように退屈なものになるだろう。

~シェイクスピア~

(30) 男は言い寄る時だけが春で、夫婦になってしまうともう冬だ。女は娘でいるうちは五月の花時のようだが、亭主持ちになるとたちまち空模様が変わる。

~シェイクスピア~

目次
閉じる