上杉謙信の名言10選|心に響く言葉

目次

上杉謙信のプロフィール

上杉謙信(うえすぎ けんしん)
・1530年2月18日に生まれ、1578年4月19日に亡くなる。
・戦国時代の越後国の大名。
・関東管領(1561年 – 1578年)。山内上杉家16代当主。
・戦国時代でも屈指の戦上手とされ、その神懸った戦績から後世、軍神や、「越後の龍」などと称された。
Wikipedia

上杉謙信の名言 10選

(1) 極楽も 地獄も先は 有明の 月の心に 懸かる雲なし。

~上杉謙信~

(2) 我が命のある間、国家を裏切る者を平らげ、諸国を一つに帰して、貧困に陥った人々を安住ならしめる他に希望はない。もし謙信の運が弱く、この志が空しいものならば、速やかに病死を賜るべし。

~上杉謙信~

(3) 信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。

~上杉謙信~

(4) 四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒。

~上杉謙信~

(5) 生を必するものは死し、死を必するものは生く。

~上杉謙信~

(6) 我は兵を以て戦ひを決せん。塩を以て敵を屈せしむる事をせじ。

~上杉謙信~

(7) 戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行を多く与え、人の長としてはならない。

~上杉謙信~

(8) 人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり。

~上杉謙信~

(9) 人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならぬ。

~上杉謙信~

(10) 大事なのは義理の二字である。死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、主人に先立つ、これこそ武士の本意である。

~上杉謙信~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる