マリー・アントワネットの名言・格言15選|心に響く言葉

マリー・アントワネットのプロフィール

マリー・アントワネット
・1755年11月2日に生まれ、1793年10月16日に亡くなる。
・フランス国王ルイ16世の王妃。
・フランスの資本主義革命「フランス革命」で処刑された。
・マリア・テレジアの娘であり、「美貌、純情な反面、軽率、わがまま」だったとされており、乱費や民衆蔑視によって国民から反発されていた。
・ヴェルサイユの宮廷生活を享楽し、その浪費などから「赤字夫人」「オーストリア女」と呼ばれた。
Wikipedia

マリー・アントワネットの名言・格言 15選

(1) 全てを見て全てを聞いて全てを忘れたのよ。

~マリー・アントワネット~

(2) パンがないならブリオッシュを食べればいいわ。

~マリー・アントワネット~

(3) 秩序を守ろうとするよりもむしろ破ろうとすることの方が民衆から人気が出ることを知ってしまったからついつい過敏になり過ぎてしまうのかしら。

~マリー・アントワネット~

(4) 不幸な暮らしを送りながらも私たちに尽くしてくれる人々がいるならば、そのような人々の幸せのために現在よりもさらに身を捧げること、それは当然のつとめ。

~マリー・アントワネット~

(5) 皆を悲しませることになればそれは私の最大の悲しみとなる。

~マリー・アントワネット~

(6) 全てを変えたいと思うのが人間、特に平凡な人間の本質とも言えるでしょう。

~マリー・アントワネット~

(7) 勇気!それは私が何年もの間、見せてきたもの、苦しみから開放された瞬間、それも失うのでしょうか?

~マリー・アントワネット~

(8) 試練や苦難に直面したら第一に考えるのは自分は何者なのかということなのです。

~マリー・アントワネット~

(9) 退屈することを考えると恐ろしくなるわ。

~マリー・アントワネット~

(10) 私は育てられたのではなくて造られた人間です。

~マリー・アントワネット~

(11) 危機の際に何よりも重要なのは頭を守ること。

~マリー・アントワネット~

(12) 忘れることの他に新しいことなんて何一つ無いのよ。

~マリー・アントワネット~

(13) パリに足を踏み入れたときに最も感動したことは、高い税金に苦しめられながらも、私たちを見て歓声を上げてくれた貧しい人々の優しさや熱心さだったわね。

~マリー・アントワネット~

(14) 最も咎めるべきは時間の浪費。

~マリー・アントワネット~

(15) さようなら、愛しのわが子たち。私はあなたの父親のところへ行くわ。

~マリー・アントワネット~