チェーホフの名言30選|心に響く言葉

目次

チェーホフのプロフィール

アントン・チェーホフ
・1860年1月29日に生まれ、1904年7月15日に亡くなる。
・ロシアを代表する劇作家であり、多くの優れた短編を遺した小説家。
・ロシア文学の中で、あるいは世界文学史でも有数の巧みな小説作家である。
Wikipedia

チェーホフの名言 30選

(1) すでに生きてしまった一つの人生が下書きで、もう一つのほうが清書だったらねぇ。

~チェーホフ~

(2) 優しい言葉で説得できない人は、キツイ言葉でも説得できない。

~チェーホフ~

(3) 愚者は教えたがり、賢者は学びたがる。

~チェーホフ~

(4) 小説家とは問題を解決する人間ではない。問題を提起する人間である。

~チェーホフ~

(5) もし人生をやり直すのだったら、私は結婚しないでしょう。

~チェーホフ~

(6) 知識は実践するまで価値がない。

~チェーホフ~

(7) 自分の運命は自分で作り出すべきもので、虚偽や不正は絶対に排撃せねばならない。

~チェーホフ~

(8) ただ働け。生きる意味も幸福もその中にある。

~チェーホフ~

(9) くすぶるな、燃えあがれ。

~チェーホフ~

(10) 結婚生活で一番大切なものは忍耐である。

~チェーホフ~

(11) 教養ある人間は、他の人格を尊重し、したがって、常に寛大で柔和で腰が低いものである。

~チェーホフ~

(12) 共通の憎しみほど人間を団結させるものはない。

~チェーホフ~

(13) 無関心とは、精神の麻痺であり、死の先取りである。

~チェーホフ~

(14) 書物の新しいページを1ページ、1ページ読むごとに、私はより豊かに、より強く、より高くなっていく。

~チェーホフ~

(15) マナーというものは、ソースをテーブルクロスにこぼさないことではなく、誰か別の人がこぼしたとしても気にもとめない、というところにある。

~チェーホフ~

(16) 人生は、いまいましい罠です。人は自分の存在の意義や目的を知りたいと思う、が、誰も答えてくれないか、愚にもつかないことを聞かされるだけ。叩けども―――開かれずです。そのうちに死がやって来る。

~チェーホフ~

(17) 男が恋をするなら必ず純潔な相手を選べというのはエゴイズムである。 自分にはありもしないものを女性に求めるのは、それは愛ではなく崇拝にすぎない。人間は自らと同等の者を愛すべきだから。

~チェーホフ~

(18) 芸術家の役割とは問うことで、答えることではない。

~チェーホフ~

(19) 僕は君、人生がわからない、それで恐れているのです。ひょっとすると、僕は理性を失った病人かも知れない。正常で健康な人は、見たり聞いたりする一切のことを理解しているつもりですが、僕はこの《つもり》というやつを見事なくしてしまったために、来る日も来る日も恐怖に中毒しているのです。

~チェーホフ~

(20) 僕の座右の銘――僕は何も必要としない。

~チェーホフ~

(21) たとえ信仰は持っていなくとも、祈るということはなんとなく気の休まるものである。

~チェーホフ~

(22) ひょっとしたらこの宇宙はなにかの怪物の歯の中にあるのかもしれない。

~チェーホフ~

(23) 人は自分が信じるところのものになるのである。

~チェーホフ~

(24) 誰に打ち明けたらいいのでしょう?誰に訴えたらいいのでしょう?誰と一緒に喜んだらいいのでしょう?人間は誰かをしっかりと愛していなければなりません。

~チェーホフ~

(25) 神経病や神経病患者の数が増えたのではない。神経病に眼の肥えた医者が増えたのだ。

~チェーホフ~

(26) 人間に理性と創造力が与えられているのは、自分に与えられたものを増やすためである。

~チェーホフ~

(27) 千年後にも人間は「ああ、人生はなんというつまらないものだろう!」と嘆きつづけるにちがいない。そしてまた同時に、今とまったく同じように死を恐れ、死ぬことをいやがるにちがいない。

~チェーホフ~

(28) 幸福な人間が良い気分でいられるのは、不幸な人々が自己の重荷を黙々と担ってくれているからに過ぎない。

~チェーホフ~

(29) まっくらな夜、森の中を歩いてゆく人が、遙か彼方に一点のともしびの瞬くのを見たら、どうでしょう。もう疲れも、暗さも、顔をひっかく小枝のとげも、すっかり忘れてしまうでしょう。

~チェーホフ~

(30) われわれには近い目的も遠い目的もありません。肚の中は球でも転がせそうな空虚です。政治を信じない、革命を信じない、神をもたない……。

~チェーホフ~

目次
閉じる