アウグストゥスの名言15選|心に響く言葉

目次

アウグストゥスのプロフィール

アウグストゥス
・紀元前63年9月23日に生まれ、紀元前14年8月19日に亡くなる。
・ローマ帝国の初代皇帝。
・志半ばにして倒れた養父カエサルの後を継いで内乱を勝ち抜き、地中海世界を統一して帝政(元首政)を創始、パクス・ロマーナ(ローマでの平和)を実現した。
Wikipedia

アウグストゥスの名言 15選

(1) 彼らを見よ。世界の征服者、制服を身に纏ったローマ人を!

~アウグストゥス~

(2) 急げ、ゆっくりと。

~アウグストゥス~

(3) ローマの女性は生涯にわたって自分の名前を保ち、結婚しても名前を変えなかった。

~アウグストゥス~

(4) 余がその役をうまく演じきれたと思うなら、私の人生の終わりに拍手を送ってくれ。

~アウグストゥス~

(5) 自身が行ったことの結果について自分を騙すことはできない。その結果とともに生きることができる容易さについては騙すことができる。

~アウグストゥス~

(6) 私は王を見に来たのだ。死体の列ではない。

~アウグストゥス~

(7) 本に書ききれないことは多くあり、それが私がますます心配になる損失である。

~アウグストゥス~

(8) 若者よ、今の老人が若い頃に聞いたことに耳を傾けなさい。

~アウグストゥス~

(9) イタリア全体が余に中世を誓った。

~アウグストゥス~

(10) すべての勝利は我々の敗北の規模を拡張したものだ。

~アウグストゥス~

(11) よくなされたモノはすべて迅速に行われたモノだ。

~アウグストゥス~

(12) さようならリヴァア。私達の結婚を忘れないでくれ!

~アウグストゥス~

(13) 余が、最初はレンガの街だった。ローマを大理石の街に仕上げたのだ。

~アウグストゥス~

(14) ご覧のように老人の一般的な老年危機、つまり私の63年目を逃れました。

~アウグストゥス~

(15) 多くの時代がそうであったように、政治家にとって悪名は無名より望ましいものであった。

~アウグストゥス~

目次
閉じる