シャルル・ド・ゴールの名言・格言20選|心に響く言葉

シャルル・ド・ゴールのプロフィール

シャルル・ド・ゴール
・1890年11月22日に生まれ、1970年11月9日に亡くなる。
・フランスの陸軍軍人、政治家。
・フランス第18代大統領。
・第二次世界大戦で本国失陥後、ロンドンにロレーヌ十字の自由フランスを樹立しレジスタンスと共闘した。
・臨時政府で最初の首相となり、1959年には大統領に就任した(第五共和政)。
・任期中アルジェリアの独立を承認し、フランスを核武装させ、北大西洋条約機構の軍事機構からの脱退などを実現した。
Wikipedia

シャルル・ド・ゴールの名言・格言 20選

(1) 日本に誇りを。

~シャルル・ド・ゴール~

(2) 剣は折れた。だが私は折れた剣の端を握ってあくまで戦うつもりだ。

~シャルル・ド・ゴール~

(3) 国家間に真の友人はいない。

~シャルル・ド・ゴール~

(4) 物事を考える人間は大勢いるが、行動を起こすのはたった一人だ。

~シャルル・ド・ゴール~

(5) 政治とはあまりにも重大な事柄なので、政治家に任せておくことはできない。

~シャルル・ド・ゴール~

(6) シンガポールの陥落は、白人の植民地主義の長い歴史の終焉を意味する。

~シャルル・ド・ゴール~

(7) 人はなろうとした人物しかなれない。だからといって必ずしも良い条件に恵まれるわけではない。だが、なろうという意志がなければその人物には決してなれないのだ。

~シャルル・ド・ゴール~

(8) 同盟とは、共に戦うことはあっても決して運命を共にするものではない。

~シャルル・ド・ゴール~

(9) 政治家は心にもないことを口にするのが常なので、それを真に受ける人がいるとびっくりする。

~シャルル・ド・ゴール~

(10) フランスは戦闘には負けたが、戦争に負けた訳ではない!。

~シャルル・ド・ゴール~

(11) 人間を知れば知るほど、私は犬が好きになってくる。

~シャルル・ド・ゴール~

(12) 危機に直面したとき、人格者は自分自身を頼みとする。

~シャルル・ド・ゴール~

(13) 権威は威信なくして成立するものではなく、威信は世俗との隔離なしでは成り立たない。

~シャルル・ド・ゴール~

(14) 主人として誇りを持って行動せよ。行動は君自身のものである。

~シャルル・ド・ゴール~

(15) 大国の名に値する国家には友人などいない。

~シャルル・ド・ゴール~

(16) 偉大なことは、偉大な人間がいなければ決して達成されない。そして、人間は偉大になろうと決意して初めて偉大になれるのだ。

~シャルル・ド・ゴール~

(17) 偉人なくして偉業はない。偉大になろうとした人だけが偉人となる。

~シャルル・ド・ゴール~

(18) フランスには246種類もチーズがあるんだ。こんな国を統治できると思うかね。

~シャルル・ド・ゴール~

(19) その行動が当然の行動であるならば、たとえ、その行動で利益をあげることができなくても、君は成功を愉しめる。

~シャルル・ド・ゴール~

(20) 人格者は、困難に対してある種の魅力を感じるものだ。なぜなら、困難に立ち向かってこそ、自分の潜在的能力に気づくのだから。

~シャルル・ド・ゴール~