国木田独歩の名言12選|心に響く言葉

目次

国木田独歩のプロフィール

国木田独歩くにきだどっぽ
・日本の小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。
・「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」といった浪漫的な作品の後、「春の鳥」「竹の木戸」などで自然主義文学の先駆とされる。
・現在も続いている雑誌『婦人画報』の創刊者であり、編集者としての手腕も評価されている。
Wikipedia

国木田独歩の名言12選

(1) 武蔵野を散歩する人は、道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方向へ行けば、必ずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。

~国木田独歩~

(2) 僕は時間の長短が人の真の交わりに関係するとは信じない。

~国木田独歩~

(3) 友を得るに急なるなかれ。親友は自然に得る者なり。

~国木田独歩~

(4) 忍耐と勤勉と希望と満足とは境遇に勝つものなり。

~国木田独歩~

(5) 友を得るに急なる勿(なか)れ。親友は自然に得る者なり。

~国木田独歩~

(6) 恋は多くの人生の苦痛を包むオブラートなり。

~国木田独歩~

(7) 男女相愛にして肉欲に至るは自然である。肉交なき恋は、事実にあらずして空想なり。

~国木田独歩~

(8) 道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方へゆけば、必ずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。』

~国木田独歩~

(9) 実行せざる思い付きは空想と称し、また妄想と称す。

~国木田独歩~

(10) 自分を生んだから自分の母だ、母だから自分を育てたのだ。そこで親子の情があれば真実の親子であるが、無ければ他人だ。

~国木田独歩~

(11) 人はどんな場合に居ても常に楽しい心を持ってその仕事をすることが出来れば、即ちその人は真の幸福な人といい得る。

~国木田独歩~

(12) 富と功名!これ実に誘惑なり。吾は日々この誘惑に出あう。

~国木田独歩~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる