エピクロスの名言20選|心に響く言葉

目次

エピクロスのプロフィール

エピクロスえぴくろす)
・快楽主義などで知られる古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者。
・現実の煩わしさから解放された状態を「快」として、人生をその追求のみに費やすことを主張した。
・後世、エピキュリアン=快楽主義者という意味に転化してしまうが、エピクロス自身は肉体的な快楽とは異なる精神的快楽を重視しており、肉体的快楽をむしろ「苦」と考えた。
Wikipedia

エピクロスの名言20選

(1) 自殺のためのもっともらしき理屈を持ち合わせる人はつまらぬ人間だ。

~エピクロス~

(2) 魂は肉体から分離されると、すぐに煙のごとく消え去る。

~エピクロス~

(3) 貧乏に甘んずることは栄誉ある財産だ。

~エピクロス~

(4) 不正を犯したことが発覚せず隠しとおすのは難しい。発覚されないことについての保証を得ることは不可能である。

~エピクロス~

(5) 正しい人は最も平静な心境にある。これに反し、不正な人は極度の動揺に満ちている。

~エピクロス~

(6) 最高の善は快楽、最大の悪は苦痛である。

~エピクロス~

(7) 自然に強制を加えてはならない。むしろ、これに従うべきである。

~エピクロス~

(8) 友とともにせざる晩餐は、獅子や狼の生活のようだ。

~エピクロス~

(9) 正義のもたらす最大の実りは心の平静なり。

~エピクロス~

(10) 獣にふさわしい仕事は、たくさんの富が積み重なるが、みじめな生活が結果する。

~エピクロス~

(11) 賢い者は政治に走らない。

~エピクロス~

(12) 多くの人々は富を得るや、悪から逃れようとせず、より大いなる悪へ転向する。

~エピクロス~

(13) 我々を助けてくれるものは、友人の援助そのものというよりは、友人の援助があるという確信である。

~エピクロス~

(14) 全生涯の最大の幸福を得るために、知恵のみを獲得する者にとって、友情の所有こそ最大の幸福である。

~エピクロス~

(15) 快こそ第一の生得的な善であり、快が浄福なる生の始めであり、終わりである。

~エピクロス~

(16) 我々は旅の途上にある限り、これまでの道よりも、これからの道をより善いものになるように励むべきである。そして旅の終わりに達したときには、いつもとかわらず明朗快活であるべきである。

~エピクロス~

(17) 法は聖者のために制定さる。もっとも、それは彼らが不正を犯さないためではなく、不正の被害を受けないためである。

~エピクロス~

(18) もし神が悪を妨げる意思はあっても、力が無いなら全能ではない。力はあっても意思が無いなら邪神である。力も意思もあるなら悪はどこから来るのだろう。力も意思もないなら、なぜ神と呼べるのだろう。

~エピクロス~

(19) 死は存在せず。なぜなら、我らが存在する限り死の存在はなく、死の存在あるとき、我らが存在しないからである。

~エピクロス~

(20) 自分が持てる限りのものを、自分にふさわしい富と考えざるものは、世界の主となったとしも不幸である。

~エピクロス~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる