フランツ・カフカの名言・格言30選|心に響く言葉

フランツ・カフカのプロフィール

フランツ・カフカ
・1883年7月3日に生まれ、1924年6月3日に亡くなる。
・出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。
・プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。
・その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。
・現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。
Wikipedia

フランツ・カフカの名言・格言 30選

(1) 青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。

~フランツ・カフカ~

(2) 人が通ったところに、道は出来る。

~フランツ・カフカ~

(3) 精神の世界以外には、何も存在しないという事実、これがわれわれから希望を奪い取って、われわれに確信を与える。

~フランツ・カフカ~

(4) 神はクルミを与えてくださる。でも、それを割ってはくださらぬ。

~フランツ・カフカ~

(5) 無難なことからではなく、正しいことから始めよ。

~フランツ・カフカ~

(6) 知性のはじまりの最初の兆候は、死にたいと願うことだ。

~フランツ・カフカ~

(7) 鳥籠が鳥を探しに出かけていった。

~フランツ・カフカ~

(8) 探し求める者は、見つけることができないが、探し求めない者は、見出される。

~フランツ・カフカ~

(9) 真実のない生というものはありえない。真実とは多分、生そのものであろう。

~フランツ・カフカ~

(10) ある地点からは、もはや立ち帰ることはできない。その地点まで到達しなければならぬ。

~フランツ・カフカ~

(11) わたしは自由です。だから道に迷ったのです。

~フランツ・カフカ~

(12) ただ詩のみが、常に真理へと到る道だ。

~フランツ・カフカ~

(13) 悪の最も効果的な誘惑手段の一つは、闘争への誘いだ。

~フランツ・カフカ~

(14) 人生の意味とは、それが終わるということです。

~フランツ・カフカ~

(15) あるのは目標だけだ。道はない。われわれが道と呼んでいるのは、ためらいに他ならない。

~フランツ・カフカ~

(16) 人間のあらゆる過ちは、すべて焦りから来ている。周到さをそうそうに放棄し、もっともらしい事柄を、もっともらしく仕立ててみせる。

~フランツ・カフカ~

(17) 寝て、起き、寝て、起き。みじめな人生。

~フランツ・カフカ~

(18) 信頼が失われたならば、何を語っても意味がない。

~フランツ・カフカ~

(19) 自分を傷つけたり、刺したりするような本だけを、読むべきだと思う。

~フランツ・カフカ~

(20) あなたと世の中との戦いなら、世の中のほうに賭けなさい。

~フランツ・カフカ~

(21) 人間には他のあらゆる罪悪がそこから出てくる二つの主な罪悪がある。すなわち短気と怠惰。

~フランツ・カフカ~

(22) 精神は支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。

~フランツ・カフカ~

(23) 真の道は一本の綱の上に通じている。その綱は空中に張られているのではなく、地面のすぐ上に張ってある。渡って歩くためよりは、つまずかせるためのものであるらしい。

~フランツ・カフカ~

(24) 結婚はしてもしなくても、後悔するものである。

~フランツ・カフカ~

(25) 愚かさによってのみ、彼らは自分に、自信を与えることができるのだ。

~フランツ・カフカ~

(26) 悪は善のことを知っている。しかし善は悪のことを知らない。

~フランツ・カフカ~

(27) 書物は、我々のうちなる凍った海のための、斧なのだ。

~フランツ・カフカ~

(28) 執筆しない物書きは、狂気を求める怪物です。

~フランツ・カフカ~

(29) 恐れをもつことは不幸だ。それゆえに、勇気をもつことが幸せなのではなく、恐れをもたないことが幸せなのだ。

~フランツ・カフカ~

(30) なぜ、人間は血のつまった、ただの袋ではないのだろうか。

~フランツ・カフカ~