フリードリヒ・フォン・シラーの名言30選|心に響く言葉

目次

フリードリヒ・フォン・シラーのプロフィール

フリードリヒ・フォン・シラー
・1759年11月10日に生まれ、1805年5月9日に亡くなる。
・ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。
・ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表者である。
・独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。
・青年時代には肉体的自由を、晩年には精神的自由をテーマとした。彼の求めた「自由」はドイツ国民の精神生活に大きな影響を与えた。
Wikipedia

フリードリヒ・フォン・シラーの名言 30選

(1) 単純なことを完璧にやり続ける忍耐力の持ち主だけが、偉大なことを成し遂げる。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(2) 友情は、喜びを二倍にし、悲しみを半分にしてくれる。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(3) 皆が叫んでいることが正義であるとは限らない。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(4) 偉大な精神は、静かに忍耐する事を知っている。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(5) 「時」の歩みは三重である。未来はためらいつつ近づき、現在は矢のように速く飛び去り、過去は永久に静かに立っている。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(6) 死を怖れない者に何を怖れろというのだ。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(7) 暴力は、常に恐ろしいものだ。たとえそれが正義のためであっても。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(8) 多数とは何か?多数は阿呆のみ、真理は常に少数者にある。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(9) 夢見ることをやめてはいけない。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(10) もし全員に好まれるものがあるとしたら、それは間違いなくくだらないものだ。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(11) 人間一人ひとりを見ると、みんな利口で分別ありげだが、集団をなせばたちまち馬鹿が出てくる。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(12) 簡単なことを完璧にやる忍耐力の持ち主だけが、いつも困難なことを軽々とこなす熟練を身につける。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(13) 信仰と信頼の間にのみ平和があります。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(14) 人間を偉大にしたり卑小にしたりするのは、その人の志である。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(15) 人はいつも、行動する時より口で言う時の方が大胆になる。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(16) お前が刹那から追い出したものを永遠は返してはくれない。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(17) 迷い、夢見ることをはばかるな。高い志向はしばしば子供じみた遊びの中にあるのだ。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(18) 余り考え過ごす者は何事をも成し得ない。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(19) 神は、もはや人間の力では助けられない時のみ助ける。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(20) 酒は何も発明しない。ただ秘密をしゃべるだけである。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(21) 誰をも恐れない者は、誰からも恐れられている者に劣らず強い。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(22) お前自身を知ろうとするならば、いかに他の人々が行動するかを観察せよ。お前が他の人々を理解しようとするならば、お前自身の心を見よ。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(23) 正義の尺度は声の多数ではない。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(24) 若き時代に数千の帆柱を押し立てて船出したその港へ、老いさらばえて救いのボートに助けられ、人知れず帰ってくる。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(25) 汝が死ぬ前日に懺悔せよ。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(26) 物質的状態にある人間は、自然の力を甘受しているのみである。人間は、美的状態において、このような自然の力から免れる。そして道徳的状態において、かかる自然の力を支配する。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(27) 世の中には違った考え方をする種族がいる。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(28) ジョークを言った本人が笑ったら、そのジョークはジョークでなくなる。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(29) チャンスは鳥のようなものだ。飛び去らないうちに捕らえよ。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

(30) 長く続いた友情なのに、別れるときはあっという間だ。

~フリードリヒ・フォン・シラー~

目次
閉じる