ジョージ・エリオットの名言・格言30選|心に響く言葉

ジョージ・エリオットのプロフィール

ジョージ・エリオット
・1819年11月22日に生まれ、1880年12月22日に亡くなる。
・イギリスの作家。
・ヴィクトリア朝を代表する作家の一人で、心理的洞察と写実性に優れた作品を発表した。
・『アダム・ビード』『サイラス・マーナー』『ミドルマーチ』などの作品で知られており、特に『ミドルマーチ』は後世のヴァージニア・ウルフによって賞賛され、マーティン・エイミスやジュリアン・バーンズによって英語で書かれた最高の小説のひとつに数えられている。
Wikipedia

ジョージ・エリオットの名言・格言 30選

(1) 動物ほど気持ちのよい友だちはいない。彼らは何も問いかけてこないし、批判もしない。

~ジョージ・エリオット~

(2) 時に、勝利よりも価値のある敗北というものがあるのです。

~ジョージ・エリオット~

(3) もっとバラの花が欲しければ、もっと沢山のバラの木を植えなさい。

~ジョージ・エリオット~

(4) 言葉は翼を持つが、思うところに飛ばない。

~ジョージ・エリオット~

(5) なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはありません。

~ジョージ・エリオット~

(6) 死者も我々がまったく忘れてしまうまで、本当に死んだのではない。

~ジョージ・エリオット~

(7) 自分のためだけに心の狭い楽しみを、ひたすら追い求めた結果訪れる幸福は、次元の低い幸福だけである。広い考え方を持ち、自分ばかりでなく、世の中の他の人々にも関心を示してはじめて、大いなるものと歩調を共にするような、次元の高い幸福を手にすることができる。

~ジョージ・エリオット~

(8) 詩とは、感情の解放ではなくて感情からの脱出であり、人格の表現ではなく人格からの脱出である。

~ジョージ・エリオット~

(9) さあ顔を上げて!君は失敗するために生まれてきたんじゃない、成功するために生まれてきたんだ。嬉々とした自信を持って前に進め。

~ジョージ・エリオット~

(10) 笑顔を浮かべれば友達ができます。でも、しかめっ面を浮かべればシワができます。

~ジョージ・エリオット~

(11) 世の中が、お互いにとって、思ったほど悪くないのは、その半ばは、人目につかないところで誠実な一生を送り、死後は訪れる人もいない墓に眠る人が少なくないからである。

~ジョージ・エリオット~

(12) 私たちが成し遂げたものは、遠く離れて私たちのあとをついてきている。何を成し遂げたかで、私たちという人間が決まるのだ。

~ジョージ・エリオット~

(13) 確かさばかり求めてぐずぐずしている人には、大きなことは決してできない。

~ジョージ・エリオット~

(14) 空の星になれないなら、せめて家庭の灯になりなさい。

~ジョージ・エリオット~

(15) 悪魔が私たちを誘惑するのではない。私たちが悪魔を誘惑するのだ。

~ジョージ・エリオット~

(16) 臆病者は勝つと分かっている戦いしかできない。だがどうか、負けると知りつつも戦える勇気を。時に、勝利よりも価値ある敗北というのもあるのだから。

~ジョージ・エリオット~

(17) 別れの苦痛のなかで、ようやく私たちは愛の深さを見つめる。

~ジョージ・エリオット~

(18) 女性の運命は愛される男のいかんにある。

~ジョージ・エリオット~

(19) 性格とは、固くもなければ不変でもない。活動し、変化し、肉体と同じように病気にもなるのだ。

~ジョージ・エリオット~

(20) 人にお世辞を言われた時、いい気になって嬉しそうな顔をする者は傲慢な人である。人が他の人に悪口を言うのを聞いて喜ぶ者は心のいやしい人である。

~ジョージ・エリオット~

(21) 信用されないほど寂しいことがあるだろうか。

~ジョージ・エリオット~

(22) お互いの人生をもっと楽にするためでないのなら、私たちはなんのために生きているのでしょうか?。

~ジョージ・エリオット~

(23) 人生の流れの中で、輝かしい瞬間はあっという間に過ぎ去り、今は砂原しか見えない。天使が私たちを尋ねてくる。だけどそのことに気が付くのは、彼らが去ってしまったあとのこと。

~ジョージ・エリオット~

(24) 人生は、目を覚まして母の顔を愛するところから始まった。

~ジョージ・エリオット~

(25) 私たちの行動が私たちの人間性を決定します。同じように私たちの人間性が私たちの行動を決定します。

~ジョージ・エリオット~

(26) 愛されるだけでは物足りない。愛の言葉もかけてほしい。静寂の世界は、お墓の中で十分に味わえるのだから。

~ジョージ・エリオット~

(27) 一つの義務に対する報酬は、次の義務を成し遂げるための力である。

~ジョージ・エリオット~

(28) われわれは人が、自分の為に行動してくれる以上に自分といっしょに感じてもらいたいのだ。

~ジョージ・エリオット~

(29) 人間の感情は大地をうるおす大河に似ている。それは美が訪れるまで待ってはいない。圧倒的な力で流れ出し、美を生み出すのだ。

~ジョージ・エリオット~

(30) 無知は大きな可能性の枠を与える。

~ジョージ・エリオット~