ジョージ・オーウェルの名言30選|心に響く言葉

目次

ジョージ・オーウェルのプロフィール

ジョージ・オーウェルじょーじ・おーうぇる)
・イギリス植民地時代のインド生まれのイギリスの作家、ジャーナリスト。
・全体主義的ディストピアの世界を描いた『1984年』の作者である。
・『1984年』は、1998年にランダム・ハウス、モダン・ライブラリーが選んだ「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」、2002年にノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」 に選ばれ、オーウェルは20世紀のイギリス文化における最高の記録保持者とみなされている。
Wikipedia

ジョージ・オーウェルの名言30選

(1) 過去を支配する者は未来を支配し、現在を支配する者は過去を支配する。

~ジョージ・オーウェル~

(2) 最も速やかに戦争を終わらせるには、負ければいい。

~ジョージ・オーウェル~

(3) 孤独では、精神は満足に働かない。

~ジョージ・オーウェル~

(4) 暴力を憎み、政治を信用しないとなれば、のこる唯一の救済策は教育だけである。社会全体は救いようがないかも知れないにせよ、個々の人間については、まだ若いうちに手を打てばかならず見込みがあるのだ。ディケンズが幼年時代に執着するのは、一つにはそのためである。

~ジョージ・オーウェル~

(5) ナショナリストは、味方の残虐行為となると非難しないだけでなく、耳にも入らないという、素晴らしい才能を持っている。

~ジョージ・オーウェル~

(6) 結局二つの見方は両立するのだ。制度を変えずにどうして人間性を変えることができる?というのが一つ。もう一つは、人間性を変えずに制度を変えてみて何になる?ということである。どちらをとるかは人によって違うのであり、おそらくこの二つは時代時代で交替をくりかえすものなのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(7) 権力の濫用をどうすれば防げるかという肝心の中心問題は、永久に解決しない。ディケンズは私有財産が障害だということは見抜けなかったものの、この点は見抜いていた。「人間の行いがよくなれば世界もよくなるだろう」という思想は、案外陳腐ではないのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(8) よくある修辞や隠喩は使うな。短い語で十分なら長い語は使うな。一語でも削れるなら削れ。外来語や専門語はできるだけ使うな。

~ジョージ・オーウェル~

(9) たいていの革命家は潜在的保守主義者である。なぜならば、社会の形態さえ変えれば万事が改革されると空想しているからだ。そして往々にしてこの変革が達成されると、それで事たれりとしてしまう。ディケンズはこういう粗雑な精神の持主ではない。

~ジョージ・オーウェル~

(10) 不満の正体があいまいであることこそ、その不満が永遠のものである証拠なのだ。彼の攻撃の対象は、具体的な個々の制度ではなく、チェスタトンも言ったように、「人間の顔の表情」なのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(11) 殺戮と飢餓が何年もつづいたあとでは「最大多数の最大幸福」というのはすばらしいスローガンになる。だが現在のところは「終わりなき恐怖よりも、恐怖とともに終ろう。

~ジョージ・オーウェル~

(12) 不満の正体があいまいであることこそ、その不満が永遠のものである証拠なのだ。彼の攻撃の対象は、具体的な個々の制度ではなく、チェスタトンも言ったように、「人間の顔の表情」なのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(13) ユダヤ人差別を論じたものが殆ど全て駄目なのは、その筆者が自分だけはそんなものとは無縁だと、心の中で決めてかかるからである。

~ジョージ・オーウェル~

(14) 何事も静止することはないのだ。代々受け継いできたものをふやすか失うか、より大きくなるか小さくなるか、前進するか後退するか、しかない。

~ジョージ・オーウェル~

(15) 不満の正体があいまいであることこそ、その不満が永遠のものである証拠なのだ。彼の攻撃の対象は、具体的な個々の制度ではなく、チェスタトンも言ったように、「人間の顔の表情」なのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(16) もし自由になんらかの意味があるとするならば、それは相手が聞きたがらないことを相手に告げる権利をさすのである。

~ジョージ・オーウェル~

(17) 世界は君に何を返したか?いつも君が与えたのより少ないのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(18) が経ち、恐怖が積み重なるにつれ、心は一種の自己防衛的な無知を分泌しているように思える。

~ジョージ・オーウェル~

(19) 重要なのは、どの人が正直であり、またそうでないかを見極めることであって、通常の包括的な非難は、これをより難しくするだけなのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(20) 不正直と臆病とは、つねに報いを受けることを決して忘れるな。

~ジョージ・オーウェル~

(21) 誰もが、証拠を調べようと顧みることもなく敵の残虐行為を信じ、自らの側のそれを信じようとはしない。

~ジョージ・オーウェル~

(22) 々の動機を無視してしまえば、その行動を予見するのはずっと難しくなる。

~ジョージ・オーウェル~

(23) 愚かさでさえ、全体主義よりはましである。

~ジョージ・オーウェル~

(24) 自分の鼻先にあるものを見るためには、絶えざる奮闘が必要なのだ。

~ジョージ・オーウェル~

(25) 国主義はその性質上、軍事的にも文化的にも防衛的なものだ。一方、国粋主義は、権力欲と切り離せないものである。

~ジョージ・オーウェル~

(26) 国粋主義者は、自らの側が犯した残虐行為を非難しないだけでなく、それについて聞くことすらしないという驚くべき性質を持っている。

~ジョージ・オーウェル~

(27) 人はおそらく、天国や地獄からは独立な善悪のシステムを考案することなしに、文明を救い出すことはできないだろう。

~ジョージ・オーウェル~

(28) 左翼の考えの多くは、火が熱いということすら知らない者たちの火遊びのようなものだ。

~ジョージ・オーウェル~

(29) っと大きなナショナリズムという病気をなおさないままで、ユダヤ人差別という病気を根治できるとは、わたしには信じられない。

~ジョージ・オーウェル~

(30) 命家が愛国者であるべきで、かつ愛国者が革命家であるべきだという奇妙な歴史の時代に、我々はいるのだ。

~ジョージ・オーウェル~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる