ヨハン・セバスティアン・バッハの名言10選|心に響く言葉

目次

ヨハン・セバスティアン・バッハのプロフィール

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
・1685年3月31日に生まれ、1750年7月28日に亡くなる。
・18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家。
・ バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。
Wikipedia

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの名言 10選

(1) 音楽の究極的な目的は、神の栄光と魂の浄化に他ならない。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(2) 風は見えなくても風車は回っている。音楽は見えなくても心に響いてくる、囁きかける。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(3) 音楽の唯一の目的は、神の栄光が現わされ、人の魂が再生されることでなければならない。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(4) 私は書かれた通り楽譜を演奏するが、神こそがそれを音楽にするのだ。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(5) 音楽は共通言語であり、翻訳の必要がない。魂が魂に話しかけるのだ。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(6) 私は勤勉であるよう余儀なくされた。誰であれ同じように勤勉な者は同様に成功するでしょう。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(7) 音楽は精神の中から、日常の生活の塵埃を除去する。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(8) ハーモニーは信心に次ぐものである。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(9) 絶え間ない仕事、分析、反省、たくさん書くこと、終わりのない修正、それが私の秘密である。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

(10) 信心深い音楽のあるところ、神はいつも慈悲深くそばにおられる。

~ヨハン・ゼバスティアン・バッハ~

目次
閉じる