河井継之助の名言30選|心に響く言葉

河井継之助のプロフィール

河井継之助(かわい つぎのすけ)
・1827年1月27日に生まれ、1868年10月1日に亡くなる。
・江戸時代末期(幕末)の武士。
・越後長岡藩牧野家の家臣。
Wikipedia

河井継之助の名言 30選

(1) 学問して、長く形勢を見たき事なり。

~河井継之助~

(2) 人間はどんなに偉くとも、人情に通ぜず、血と涙が無くては駄目だ。

~河井継之助~

(3) 世の中は大変に面白くなって来た。寅(外山寅太)や、何でもこれからの事は商人が早道だ。思い切って商人になりやい。

~河井継之助~

(4) 心を直に悟るなら、現在未来の仕合せあり、子々孫々にも栄ゆべし。

~河井継之助~

(5) 民は国の本、吏は民の雇い。

~河井継之助~

(6) 天に雲なく、風も止む。月、愛す可し。

~河井継之助~

(7) サウ(そう)、人が高い処(ところ)処といふならば、己は一番、低い所を取って見せようか。

~河井継之助~

(8) 出るとき進むときは人の助けが要るが、おるとき退くときは己の力のみである。自ら決せよ。

~河井継之助~

(9) 面白いだけのことで本を読むのであれば、いっそ本を読まずに芝居か寄席へでも往くがよい。

~河井継之助~

(10) 有才の人、徳なければ人服さず、有徳の者も才なければ事立たず。

~河井継之助~

(11) 八十里、こし抜け武士の越す峠。

~河井継之助~

(12) 一忍をもって百勇を支え、一静を以て百動を制す。

~河井継之助~

(13) 戦争はしたくないものだ。

~河井継之助~

(14) 不遇を憤るような、その程度の未熟さでは、とうてい人物とはいえぬ。

~河井継之助~

(15) 人間万事、いざ行動しようとすれば、この種の矛盾が群がるように前後左右に取り囲んでくる。大は天下のことから、小は嫁姑のことに至るまですべて矛盾に満ちている。この矛盾に、即決対処できる人間になるのが、俺の学問の道だ。

~河井継之助~

(16) 勝ったものも、負けたものも、武士といふ階級は、大勢の者(農工商)に負けてしまふ。見苦しいことをせずと、武士の絶えぬうちに死んだ方がよからう。潔く戦はうではないか。

~河井継之助~

(17) 女子にも辛苦艱難をを遂げ、名を残し候ものも、昔より数々これあり。

~河井継之助~

(18) 母鶏の卵を愛するや、寝食を忘れて、これを覆翼し、寸時も体を離さず。人の身を慎み、志を持するものは、すべからく彼の如くなるべし。

~河井継之助~

(19) 死ぬ気になって致せば、生きることも出来、もし死にたくない、危ない目に遭ひたくないといふ心があらうなら、それこそ生きることも出来ず。

~河井継之助~

(20) 自分の心を責め候ては、一つも立つ所なく。

~河井継之助~

(21) 武士の対面を保つにはどうしたら宜しかろう。

~河井継之助~

(22) 漫然多読するも、何の易かあらん。読書の功は細心精読するに在り。

~河井継之助~

(23) 欲の一字より、迷いのさまざま、心をくらます種となり。終りは見を失ひ、家をも失ふにいたるべし。

~河井継之助~

(24) 見て居ろ。男の髪は皆んな「じゃんぎり(散切り)」になる。

~河井継之助~

(25) 人間と云ふものは、棺桶の中へ入れられて、上から蓋をされ、釘を打たれ、土の中へ埋められて、それからの心でなければ、何の役にも立たぬ。

~河井継之助~

(26) 立身出世は孝の終り。

~河井継之助~

(27) とかく学問を職業のように致し候者多く、才徳兼ね候実学の人少なきように存ぜられ候。

~河井継之助~

(28) 志ほど世にとけやすく、壊れやすいものはない。

~河井継之助~

(29)(山田方谷)先生程では、越後屋の番頭が勤まる。

~河井継之助~

(30) ほめそやさるるは仇なり。悪(にく)みこなさるるは師匠なり。

~河井継之助~