ルイス・キャロルの名言15選|心に響く言葉

目次

ルイス・キャロルのプロフィール

ルイス・キャロル
・1832年1月27日に生まれ、1898年1月14日に亡くなる。
・イギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人。
・『不思議の国のアリス』の作者として非常に良く知られている。
・「かばん語」として知られる複数の語からなる造語など、様々な実験的手法で注目されている。
Wikipedia

ルイス・キャロルの名言 15選

(1) 人間は不可能なことは信じられないものよ。あなたはまだ信じる練習が足りないんじゃないかしら。

~ルイス・キャロル~

(2) どっちへ行きたいか分からなければ、どっちの道へ行ったって大した違いはないさ。

~ルイス・キャロル~

(3) どの道を行くかは、あなたがどこに行きたいかによります。

~ルイス・キャロル~

(4) 私は昨日に戻ることはできない。なぜなら、昨日の私は別の人間だったのだから。

~ルイス・キャロル~

(5) どんなことにも教訓はある。君がそれを見つけられるかどうかさ。

~ルイス・キャロル~

(6) この世を動かしているものは愛である!

~ルイス・キャロル~

(7) 誰もが人のおせっかいなんかせずに、自分のことをちゃんとやってれば、世の中、今よりずっと速くまわってるだろうに。

~ルイス・キャロル~

(8) 君が僕の存在を認めてくれるなら、僕も君の存在を認めるとしよう。

~ルイス・キャロル~

(9) もしも私がそんなに賢かったら、一日中頭痛がすることでしょう。ええ、きっと!

~ルイス・キャロル~

(10) あなたがやり始めたことは、終わりまでやり続けることだ。そして結果を待てばいい。

~ルイス・キャロル~

(11) もしもあなたがどこに行くか迷っていても、道が導いてくれる。

~ルイス・キャロル~

(12) 僕は年寄りになっても相変わらず独身なのです。これからもそのままのはずです。女っ気がなくても惨めというものではありません。

~ルイス・キャロル~

(13) 私はいったい誰か?ああ、それは大いなる謎だ。

~ルイス・キャロル~

(14) 他人のための行いにこそ価値があり、それが人生の重要な秘訣のひとつだ。

~ルイス・キャロル~

(15) 彼は私の夢の一部分であると同時に、私も彼の夢の一部分だった。

~ルイス・キャロル~

目次
閉じる