ルイ14世の名言5選|心に響く言葉

目次

ルイ14世のプロフィール

ルイ14世
・1638年9月5日に生まれ、1715年9月1日に亡くなる。
・ブルボン朝第3代のフランス王国国王。
・王朝の最盛期を築き、ルイ大王、太陽王と呼ばれた。
・72年もの在位期間はフランス史上最長であり、18世紀の啓蒙主義思想家ヴォルテールはルイ14世の治世を「大世紀」と称えている。
Wikipedia

ルイ14世の名言 5選

(1) 朕は国家なり。

~ルイ14世~

(2) 朕が空席に誰かを任命するときにはいつも、100人を不幸にし1人に不満を抱かせてしまう。

~ルイ14世~

(3) 朕が望んだゆえ、それは合法なのだ。

~ルイ14世~

(4) 朕は、朕の罪の償いのためもっと苦しむべきなのだ。それが朕の悩みだ。

~ルイ14世~

(5) 二人の女を和合させるより、全ヨーロッパを和合させることのほうが容易であろう。

~ルイ14世~

目次
閉じる