升田幸三の名言・格言30選|心に響く言葉

升田幸三のプロフィール

升田幸三(ますだ こうぞう)
・1918年3月21日に生まれ、1991年4月5日に亡くなる。
・現在の広島県三次市出身の将棋棋士で、実力制第四代名人。
・「魅せる将棋」を大切にし、既成の定跡にとらわれず「新手一生」を掲げ、常に序盤でのイノベーションを数多く起こした。
・振り飛車・居飛車共に数々の新手を指し、「将棋というゲームに寿命があるなら、その寿命を300年縮めた男」と評された。
Wikipedia

升田幸三の名言・格言 30選

(1) あなた(木村義雄十四世名人)が悪いと断定した石田流で、私はあなたに勝って見せる。

~升田幸三~

(2) 冗談をいわれては困る。チェスで取った駒をつかわんのこそ、捕虜の虐殺である。そこへ行くと日本の将棋は、捕虜を虚待も虐殺もしない。つねに全部の駒が生きておる。これは能力を尊重し、それぞれに働き場所を与えようという思想である。しかも、敵から味方に移ってきても、金は金、飛車なら飛車と、元の官位のままで仕事をさせる。これこそ本当の民主主義ではないか。

~升田幸三~

(3) たどり来て、未だ山麓。

~升田幸三~

(4) 天野宗歩の棋譜を見ると、この人がいかに優れた棋士であり、高い峰であるかが窺える。そして、その棋譜を味わって一番打たれるのは、終局に際して、歩のハシからハシまで、余すことなく参加させて、辛労をともにした駒の全部に勝利の喜びを味わわせようとする配慮が、ヒシヒシと感じられることである。

~升田幸三~

(5) 勝負をするときなんでもかんでも、相手に差をつけようとりきむのはよろしくない。勝負の急所は、一手違いで相手を倒すことにある。五手も十手もちがうというのは、どだい自分が勝負すべき相手ではない。

~升田幸三~

(6) ある人は、碁は、しまうときは白黒と二つのゴケに入れるが、将棋は一つの駒箱におさめ、戦い終わると敵も味方もない、といって将棋の美風を讃えた。まったく同感である。将棋は盤上の攻防は峻烈で、勝負そのものはきびしいものであるが、その精神はあくまでも仏心である。

~升田幸三~

(7) 負けずぎらい一本でかかってくるヤツとは、勝負をするのがスコブル楽である。彼は「我」だけだからである。未熟な世界ほど「我」が強くなるのだからおもしろい。アマチュアに天狗が多いのも、その一つのあらわれかもしれぬ。

~升田幸三~

(8) 踏まれても叩かれても、努力さえしつづけていれば、必ずいつかは実を結ぶ。

~升田幸三~

(9) いよいよ詰む段階になると、つい二手も三手もひらいて勝ちたくなる。安全をねがうのだが、実は一手ちがいでいいという計算が成り立つほうが安全なのだ。何手もちがわせると、欲がからんで、まちがいがある。

~升田幸三~

(10) 新手一生。

~升田幸三~

(11) 不成功に終わる人というのは、自己に無意識のうちに自信喪失させるような暗示をかけている。おれはもうダメだとか、終わりだとか、始終ボヤいたりして、自分を奈落の底に落ち込ませるような自己暗示をね。逆に伸びる人というのは、いつも自分を向上させるような暗示をかけてますよ。

~升田幸三~

(12) 人生は、将棋に似ている。どちらも“読み”の深い人が勝機をつかむ。“駒づかい”のうまい人ほど、機縁を活かして大成する。“着眼大局、着手小局”もまた、両者に共通する真理であろう。

~升田幸三~

(13) 弱いものを相手にする場合は、相手にやらせることが大事です。というのも、弱いものは動くたびにヘタをして失点を重ねるように出来ている。だから相手にしゃべらせ、動かさせるわけで、これが、上手のやり方です。

~升田幸三~

(14) 定跡というものを、私は頭から否定しておった。定跡は序盤における模範的な指し方であり、これにしたがっとれば間違いはない。だが、そこには将棋を指すことの感激もなく、進歩もありゃせん。大切なのは創造です。人真似を脱し、新しいものをつくり出すところに進歩が生まれる。

~升田幸三~

(15) 息長く心ゆるやか手ゆるまず。

~升田幸三~

(16) 私はもともと、人生というのは、一手違いだと考えているんです。将棋でいう一手の差で、もう勝敗が決まる。

~升田幸三~

(17) 一手残せればいいという考えに立つものは、差をつめられてもなかなかくずれない。自分が劣勢のときにも、ねばりにねばって、なんとか一手ちがいにまで追いついておこうとつとめる。そうしておけば、逆転のチャンスがいつもひそんでいるからだ。

~升田幸三~

(18) なんにしても、力倆が評価されるのは、けいこではなくて本番である。本番で力が出ないというのではなんにもならぬ。その人は弱いのである。

~升田幸三~

(19) プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが、プロの道は独創。またそうでなきゃ通用しない。だから苦しいが喜びも計り知れない。

~升田幸三~

(20) 詰め将棋を知らないから強くなれんというものではありませんが、将棋というのは、駒を動かさずに先を読むことが大事ですから、この意味で、詰め将棋はやっとく必要がある。

~升田幸三~

(21) 将棋というのは、勝負ではあるけれども、やはり娯楽であり、遊びのものです。とすれば、楽しみのあるものにしなければいけない。

~升田幸三~

(22) 中盤は、人生でいえば中年の難所、その人の人生の結びに見通しをつけるべき局面である。ここでしくじったら、もう取り返しはつかない。出てくる問題も変化が多いし、深い。いちばんその人間の長短がはっきり出るところである。

~升田幸三~

(23) しめあげの局面になると、いよいよますます落ちついてきて、決して勝機を逃さないのがいる。これがほんとうのベテランである。この最後の落ちつきは過去のにがい経験からのみ得られるもので、一朝一夕には得がたい力である。

~升田幸三~

(24) 升田なくてなんの日本の将棋かな。

~升田幸三~

(25) (「じゃあ君は一体なんだ?」と木村が反論したところ)ゴミにたかるハエだな。

~升田幸三~

(26) 通身是手眼。

~升田幸三~

(27) 勝負師とは、ゲタをはくまで勝負を投げない者をいうんです。

~升田幸三~

(28) 着眼大局 着手小局。

~升田幸三~

(29) 駒をうんともったときは、おくれている。三歳の童子とはちがうのだから、足りないところで精いっぱいの仕事をしなければならない。僕はいつも、足りない、足りないという感じをもちながら、そういうところで仕事をしてしまう。

~升田幸三~

(30) 序盤だけなら、体験がなくても、いわば机上論でも、ある程度はさせる。中盤というのは、そうはいかない。ここは勝敗のわかれ道であり、文字どおりシノギをけずるべきところだ。記憶や、常識や、ごまかしではどうにもならない。その人の持っている力全部が出る場所が中盤である。

~升田幸三~