ミゲル・デ・セルバンテスの名言・格言30選|心に響く言葉

ミゲル・デ・セルバンテスのプロフィール

ミゲル・デ・セルバンテス
・1547年9月29日に生まれ、1616年4月23日に亡くなる。
・近世スペインの作家で、『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』(Don Quijote de la Mancha)の著者として著名。
・世界的に名声を得たスペイン語圏による最初の文学者であり、現代に至るまで多大な影響を与えた。
・同時代人のシェイクスピアは『ドン・キホーテ』を読んでいたと言われる。
・スペインを代表する大文化人であり、スペインに関係する多くの文学賞や施設などに彼の名が冠されている。
Wikipedia

ミゲル・デ・セルバンテスの名言・格言 30選

(1) ひとつのドアが閉まったときには、また別のドアが開く。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(2) どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。運命というのは、災難が起きれば、必ず一方の扉を開いて、救いの道を残してくれている。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(3) 心の中で感謝するだけなら、本当の感謝ではない。自分は行動の中で感謝を示そう。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(4) 「そのうちやる」という名の通りを歩いて行き、行き着くところは「なにもしない」という名札のかかった家である。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(5) 富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(6) ことわざとは、長い経験に基づく短い文のことである。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(7) 一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(8) 空腹は世界中で最上の調味料である。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(9) 生命のあるかぎり、希望はあるものだ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(10) 人生は一枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(11) 真の勇気というものは、臆病と無鉄砲との中間にある。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(12) 眠りは人間の思いをすべて覆うマントである。眠りを発明した人に幸あれ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(13) 好機は、それが去ってしまうまで気づかれないものだ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(14) 己を知ることに全力を捧げよ。それこそが、この世でもっとも困難な課題だ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(15) つまらぬ財産を持つより、立派な希望を持つほうがマシだ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(16) 音楽のあるところには真の悪は存在できない。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(17) 分別よりも愚行の方が、とかく仲間や追随者を呼び寄せるものだ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(18) よく準備してから戦いに臨めば、半ば勝ったも同然だ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(19) 正直は最善の策である。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(20) 流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れに身をまかせれば、どんなに弱い人でも岸に流れ着く。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(21) 喜劇で一番難しい役は愚か者の役であり、その役を演ずる役者は馬鹿ではない。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(22) 退去は逃げることではない。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(23) 人生は山あり、谷ありである。しかし、山だの谷だのと思って、うろたえていたのは、結局は自分がちっぽけで、翻弄されていただけの話ではなかったか。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(24) 死を見ること生のごとし。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(25) この世でいちばんの気違い沙汰は、誰に殺されるってわけでもないのに、悲しいからってだけで理由もなく死にたがることですよ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(26) パンさえあれば、たいていの悲しみには耐えられる。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(27) 運命というものは、人をいかなる災難にあわせても、必ず一方の戸口をあけておいて、そこから救いの手を差しのべてくれるものよ。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(28) 人間とは、己の行った仕事の子供である。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(29) 君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。

~ミゲル・デ・セルバンテス~

(30) ペンは魂の舌である。

~ミゲル・デ・セルバンテス~