三浦綾子の名言10選|心に響く言葉

目次

三浦綾子のプロフィール

三浦綾子(みうら あやこ)
・1922年4月25日に生まれ、1999年10月12日に亡くなる。
・北海道旭川市出身の女性作家。
・結核の闘病中に洗礼を受けた後、創作に専念する。
・故郷である北海道旭川市に三浦綾子記念文学館がある。
Wikipedia

三浦綾子の名言 10選

(1) 言葉を交わすことによって私たちは、勇気づけられ、慰められ、喜びを与えられます。と、同時に、人を傷つけ、見下すという愚かな過失も犯します。言葉は人間の運命をも変えるほど大きなものです。

~三浦綾子~

(2) 九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、人間はまずその不満を真っ先に口からだし、文句をいいつづけるものなのだ。自分を顧みてつくづくそう思う。なぜわたしたちは不満を後まわしにし、感謝すべきことを先に言わないのだろう。

~三浦綾子~

(3) 人間てね、その時その時で、自分でも思いがけないような人間に、変わってしまうことがあるものですよ。

~三浦綾子~

(4) 今日という日には、誰もが素人。

~三浦綾子~

(5) ちょっとした一言を言うか、言わぬかが、その人、その家の幸、不幸の岐れ路になることが案外多い。一言の言葉は五秒とかからぬものだ。お互い、言うべきときに言える素直さと、謙遜さを与えられたいものである。

~三浦綾子~

(6) 片目をつむるというのは、見て見ないふりじゃなく、つむっている片目では、自分の心の姿も見るといいのね。

~三浦綾子~

(7) やれるかも知れない、と思った時、自分でも気づかなかった力が出てくるものなのだ。初めから、できないと言えば、出来ずに終わる。

~三浦綾子~

(8) ほんとうに自分の行為に責任をもつことができる人だけが、心から「ごめんなさい」と言えるのではないだろうか。「ごめんなさいね」なんと美しく、謙虚で、素直な言葉だろう。

~三浦綾子~

(9) 苦難の中でこそ、人は豊かになれる。

~三浦綾子~

(10) 秀れた人間というのは、他の人間が、愚かには見えぬ人間のことだろう。

~三浦綾子~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる