直江兼続の名言4選|心に響く言葉

直江兼続のプロフィール

直江兼続(なおえ かねつぐ)
・戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。
・米沢藩(主君 上杉景勝)の家老。
Wikipedia

直江兼続の名言 4選

(1) 天の時 地の利 人の和

~直江兼続~

(2) 家康様は自らに都合の良い声ばかりを聞いているのではないでしょうか。違う意見を公平にお聞きにならないのは侍の筋目に反しています。それは家康様に裏表があるからではないでしょうか。それでもこちらに非があるとおっしゃるならやむを得ません。(徳川家康への直江状)

~直江兼続~

(3) 反逆の意図もないのに謝罪の要求など飲めば上杉家代々の律儀さと武勇の誉れを失ってしまいます(徳川家康への直江状)

~直江兼続~

(4) 道を作り橋をかけて通行の整備をすることは国を預かる者として当然のことです。(徳川家康への直江状)

~直江兼続~