大石内蔵助の名言10選|心に響く言葉

目次

大石内蔵助のプロフィール

大石内蔵助(おおいし くらのすけ)
・1659年に生まれ、1703年3月20日に亡くなる。
・本名は大石良雄で、内蔵助は通称である。
・江戸時代前期の武士。
・播磨国赤穂藩の筆頭家老。
Wikipedia

大石内蔵助の名言 10選

(1) 喧嘩、口論固く無用。

~大石内蔵助~

(2) 狙うは怨敵、吉良上野介ただ一人。

~大石内蔵助~

(3) あら楽し 思いははるる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし。

~大石内蔵助~

(4) 盃、下に置くべからず。

~大石内蔵助~

(5) 抑えること無用、もっとも相手によるべし。

~大石内蔵助~

(6) 極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人。

~大石内蔵助~

(7) 勝利之全所を専に。

~大石内蔵助~

(8) したむべからず。

~大石内蔵助~

(9) この内蔵助の望みはただひとつ。怨敵・吉良上野介の首でござる。本懐を遂げる日まで、この内蔵助を信じ、おのおの方の命をお預け願いたい。

~大石内蔵助~

(10) そなたを見るのもこれ限り。かねがね申し聞けおいた事、忘れてはなりませぬぞ。

~大石内蔵助~

目次
閉じる